《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原爆症認定集団訴訟・近畿の公判傍聴日誌(番外)

次回公判で肥田舜太郎氏の証人調べ実現
 安斎育郎、沢田昭二両氏の採用も決定

2004年7月21日

 大阪地裁で進行中の近畿地区の原爆症認定集団訴訟で、原告弁護団が申請していた肥田舜太郎(被爆者、医師)、安斎育郎(立命館大教授=物理学・放射線防護)、沢田昭二(被爆者、名古屋大名誉教授=物理学)3氏の証人調べが実現、まず次回9月3日(金)の公判で、肥田氏が証言台に立つことが決まった。7月21日午後6時から大阪市中央区谷町7丁目、府社会福祉会館で開かれた「原爆訴訟を支援する大阪の会結成1周年のつどい」で、原告弁護団側が明らかにした。
 報告によると、7月13日の裁判所、原告、被告双方代理人3者の裁判進行協議で、西川知一郎裁判長が冒頭、「原告側申請の3人とも調べたい」と発言、3人について反対の意見書を出していた被告側も特段の異議をとなえず、あっさり決定した。日程としては、9月3日の公判で、肥田氏の証人調べを行うことになり、原告弁護団による主尋問が午前11時-正午、昼食休憩をはさんで午後1時半-2時半の計2時間、被告代理人の反対尋問が午後2時半-4時半の2時間行われる。次々回公判は10月1日(金)で、午後1時半から4時半まで、安斎氏の証人調べの予定。その後、日程的にはまだ流動的だが、年内から年明けにかけて、沢田氏、それに被告側申請の小佐古敏荘氏(東大原子力研究総合センター助教授)の証人調べへと進む見込み。被告側はもう一人専門家の証人申請を検討中という。
 原爆症認定集団訴訟は現在、全国16都道府県から144人の被爆者原告が11地裁を舞台にして国を相手に戦っている。藤原精吾・近畿弁護団長はこの夜のつどいでの挨拶の中で、「近畿の裁判のテンポが一番速い。いよいよ重要な証人調べに入る。ここでも全国の裁判の牽引車になれということだ、と受け止めたい。傍聴席も埋め尽くして、見守ってもらいたい」と語った。
 「原爆訴訟を支援する大阪の会結成1周年のつどい」には木村民子さん(大阪市城東区)ら被爆者原告をはじめ支援グループの活動家、弁護団など約50人が参加。最初に、第4回公判でも上映された、1982年、広島・長崎両市企画、岩波映画製作所製作のビデオ「ヒロシマ・ナガサキ―核戦争のもたらすもの」を視聴。そのあと、主催者を代表して小林栄一・代表委員が挨拶、弁護団の報告、原告の挨拶と続き、会場からも「法廷で勝つ、運動で勝つ。これが大事だ」など支援の輪を広げる決意表明が相次いだ。午後8時前、散会した。
以上
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。