《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原爆症認定訴訟・近畿の公判傍聴日誌-11

沢田(原告側)小佐古(国側)証人の主尋問
2004年12月15日(水)・大阪地裁

 原爆症認定集団訴訟・近畿の第10回口頭弁論は、12月15日、大阪地裁本館2階202号法廷で開かれ、原告側が申請した被爆者で名古屋大名誉教授の沢田昭二氏と、被告国側申請の東大原子力研究総合センター助教授、小佐古敏荘氏に対するそれぞれの主尋問が行われた。 【“原爆症認定訴訟・近畿の公判傍聴日誌-11”の続きを読む】
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。