《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原爆症認定集団訴訟・近畿の公判傍聴日誌⑬

勇気づけられる東原爆裁判「勝訴確定」 本人の証拠調べ始まる―3原告が出廷
2005年4月22日(金)・大阪地裁

 原爆症認定集団訴訟は、前回公判以後、埼玉県でも提訴され、全国13地裁で18都道府県、168人の被爆者が国を相手に戦う広がりを見せている(3月25日現在)。こうした中で、4月22日、近畿地区(京都、大阪、兵庫の3府県)でこれまでに提訴している13人のうち先発組9人についての証拠調べ(本人尋問)が、大阪地裁で始まった。
【“原爆症認定集団訴訟・近畿の公判傍聴日誌⑬”の続きを読む】
スポンサーサイト

東京>05年4月21日 集団訴訟・東京 第10回口頭弁論

 証人=岩佐幹三さん(広島被爆、金沢大学名誉教授、日本被団協事務局次長)
 岩佐氏は16歳の時、爆心から1.2キロの自宅で被爆。自身はたいしたケガはなかったが、母親は家の下敷きになり、助けることができないまま、般若心経を唱える声を聞きながら猛火に追われて母を見捨てて逃げた苦しみを証言。
 岩佐氏は日本被団協の調査特別委員長として1985年に原爆被害者調査を実施。1万3168人からえた回答は、原爆被害は地獄のような被害であることをはっきりと裏付けるもので、人間として死ぬことも生きることも許さない反人間的な被害だと証言。また、近距離被爆者だけではなく、入市、遠距離被爆者のなかに原爆放射線による急性症状などが多発していたことも明らかになったとのべた。
 最後に峠三吉の詩「にんげんをかえせ」を暗唱して、原爆被害をくりかえすなと、力を込めて訴えた。
詳細はこちら

東京おりづるネットのHPより引用させていただきました

東京>05年4月4日 集団訴訟・東京 原告本人尋問

 原告=河合正江さん(広島被爆)、林荘太さん(広島被爆)、練馬H子さん(広島被爆)

東京おりづるネットのHPより引用させていただきました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。