《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原爆症認定集団訴訟・近畿の公判傍聴日誌⑯

原告側医師代表・郷地氏へ主尋問 最終弁論は12月14日と決定
2005年7月27日(水)・大阪地裁

 原爆症認定集団訴訟・近畿の第15回公判は、7月27日午後1時半から、大阪地裁202号法廷で開かれた。この日の口頭弁論では、原告を含む被爆者の治療に長年携わってきた医師の代表として、神戸市在住の東神戸診療所長、郷地秀夫氏が、原告弁護団の主尋問に答える形で約3時間、証言した。 【“原爆症認定集団訴訟・近畿の公判傍聴日誌⑯”の続きを読む】
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。