《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q 原爆投下から60年以上たっているのに、いまでも原爆症を発症する人はいるのですか?

  現在も原爆は日々被爆者の体を蝕み、原爆症を発症させています。
【“Q 原爆投下から60年以上たっているのに、いまでも原爆症を発症する人はいるのですか?”の続きを読む】
スポンサーサイト

Q 被爆者は原爆手帳を持っていて病気になった時には十分な援助が受けられるのではないですか?

A 広島と長崎に投下された原子爆弾に被爆した人々は、被爆者健康手帳(原爆手帳)の交付を受けることができます(ただし※)。原爆手帳を持つ被爆者が、がんなどの病気になった場合には、厚生労働大臣が「原爆症」と認定することによって、その医療費を国が負担し医療特別手当を支給することになっています。これが原爆症認定制度です。ところが、
【“Q 被爆者は原爆手帳を持っていて病気になった時には十分な援助が受けられるのではないですか?”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。