《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本被団協が声明を発表(第二次集団申請について)

日本被団協は、下記のとおり、第二次集団申請(第一陣)にあたって声明を発表しました。(東京弁護団・中川重徳)


原爆症認定制度の抜本的改善をもとめる第二次大量申請・提訴運動
第一陣いっせい認定申請にあたっての声明


2006年3月14日
日本原水爆被害者団体協議会

 本日は、2002年から始まった原爆症認定集団申請・提訴運動のなかで、全国的にすすめられる第二次申請運動における最初の集団申請日です。この集団申請は今後も毎月取り組む計画です。
 国は、ガンをはじめ多くの病気に悩む被爆者がもとめる原爆症認定を、非科学的な基準によってことごとく却下してきました。とくに遠距離被爆者・「入市」被爆者については、原爆放射線の影響はないという「神話」をふりまわして、認定を拒否してきました。
今回の申請者は、
【“日本被団協が声明を発表(第二次集団申請について)”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。