《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本原爆症裁判で長崎市を現地検証~全国の原爆症裁判で初めて~

長崎検証熊本原爆症裁判で長崎市を現地検証
~全国の原爆症裁判で初めて~
熊本弁護団 弁護士 中島潤史


1 初めての集団訴訟
「長崎の検証では,あなたに指示説明をしてもらうからね。」
熊本の原爆症裁判について,このように先輩の寺内弁護士から頼まれたのは,私が弁護士登録をして,1か月ほどが経過したときだった。
原爆症裁判とは,原爆の被爆者が,国に対し,原爆症認定申請を却下する処分の取消しと損害賠償を求めている訴訟であり,全国12地裁で係属している集団訴訟である。被爆者は,原爆投下から60年が経過した現在においてもなお,がんや身体の機能障害など,原爆の放射線に起因する「原爆症」に苦しみ続けている。
このような重大な訴訟において,新人の私が指示説明をするなど力不足とも思えたが,これほどやりがいのある仕事もないことから,直ちに引き受けることとした。 【“熊本原爆症裁判で長崎市を現地検証~全国の原爆症裁判で初めて~”の続きを読む】
スポンサーサイト

2006.3.11 近畿集会

2006年3月11日に,「もう待てない すべての被爆者に勝利の春を!-近畿原爆裁判の勝利判決をめざすつどい」が大阪市北区の「いきいきエイジングセンター」で行われました。

3.11 近畿集会


写真[左上]
集会に参加された原告の皆さん。胸にゼッケンを付けての参加です。

写真[右上]
 今回の集会に先立ち,十数名の青年達が,被爆者のお話をうかがいに原告宅訪問をし,集会では,青年達による原告紹介が行われました。この写真は原告の寺山さんが書かれた絵本の内容を紹介しながら,青年が寺山さんを紹介しているところです。
 
写真[左下]
 集会には,横井久美子さんも参加されました。「人間をかえせ」は会場全員で歌いました。
 
写真[右下]
集会終了後,原告と青年達との記念写真です。
<

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。