《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埼玉でも「入市被爆者」の遺族が提訴! 4/28

 4月28日、さいたま地方裁判所に、広島の被爆者中野久司さんの遺族が、久司さんの原爆症認定を求めるため新たに提訴しました。中野久司さんは、1945年当時、廣島工業高校4年生で8月6日は呉にいましたが、母校が被爆したため9日に入市、同高校の片付け作業に従事して被爆、被爆後数ヶ月は急性症状に、昭和20年代は「ぶらぶら病」と呼ばれる激しい全身倦怠感に苦しめられ、被爆から数十年を経て骨髄異形成症候群、横行結腸癌を発症、昨年2月、これらの病気を原爆症と認めるよう申請をしましたが4月に死亡、申請は11月に却下されていたそうです。中野さんは長い間、今回原告となった家族に対しても、被爆の事実を隠していたとのことです。

 今回の提訴で、集団訴訟の原告は全国13の裁判所に170名。提訴後亡くなった原告は26名です。
遠距離被爆者・入市被爆者の病気が原爆症と言えるのはなぜですか (低線量被曝・体内被曝) 【“埼玉でも「入市被爆者」の遺族が提訴! 4/28”の続きを読む】
スポンサーサイト

4/29 被爆者なんでも電話相談

原爆訴訟近畿連絡会と原爆症訴訟近畿弁護団がおおくりする・・・


被爆者なんでも電話相談


日   時: 4月29日(土・祝)


       午前10時~午後3時


電話番号: 06-6364-8211


近畿連絡会と同弁護団は,今回,被爆者なんでも電話相談を行うこととしました。


これは,被爆者や家族のみなさんがおもちの悩みや疑問にお応えしようと言うものです。


電話相談を受けるスタッフとして,医師・看護士・弁護士・ケースワーカー・原爆手帳申請等で被爆者の支援をしてきた方々等各種専門家が待機していますので,あらゆるご相談に応じます。


また,電話の受付は学生,青年が行います。特に相談事がなく,若い人に体験談等を聞いてほしいということでも,かまいません。青年がじっくりと被爆者の方のお話をうかがいます。


被爆者のみなさんからのお電話をお待ちしています。


この企画に協力してくれる青年学生を募集しています。10時から3時までの時間の1時間だけ協力してくれる方でもかまいません。場所は大阪の南森町です。


ご協力いただける方は,以下のアドレスにご連絡ください。


zam71331@bird.zero.ad.jp(近畿弁護団宛)

4/29(土) 横井久美子さんミニライブ

CD「にんげんをかえせ」横井久美子さんのミニ・コンサートのお知らせです!
★東京新宿・曙橋にある レストラン&ライブハウス「バック イン タウン」で開演1時30分~  参加費 3990円 12時から食事もできるそうです。

→詳細は「つづき」をごらんください。

【“4/29(土) 横井久美子さんミニライブ”の続きを読む】

原告の「意見陳述」を読んでください

原爆症認定集団訴訟は、全国12の地方裁判所に約170名の原告がいます。

いずれも、国の冷酷な「原爆症認定」制度にどうしても納得できない、自分のこともさることながら、なんとしても自分たちの体験を次の世代に伝えたい、という思いから、一大決心をして原告になった方々です。みなさん病気を抱えながらの裁判です。
東京でも、30名の原告のうち、すでに9名が提訴後に亡くなっています。

各地の裁判所での原告による意見陳述を以下で読むことができます。被爆者たちが行った意見陳述をぜひお読みください。
http://www.genbaku.jp/genkoku.html

Q 遠距離被爆者・入市被爆者の病気が原爆症と言えるのはなぜですか (低線量被曝・体内被曝)

 原爆は地上数百メートルの上空で爆発し、強烈な放射線、熱線、衝撃波が数十万の人々を襲いました。爆発から1分以内に地上に到達した「初期放射線」は、DS86の推定より遠距離まで及んでいます・・・

キノコ雲の下に充満する放射性微粒子 (沢田昭二氏作成)

※画像は沢田昭二氏作成。無断転載禁止です。
【“Q 遠距離被爆者・入市被爆者の病気が原爆症と言えるのはなぜですか (低線量被曝・体内被曝)”の続きを読む】

名古屋の原告のCDのご紹介

はじめまして。
東京弁護団の弁護士の菅井紀子と申します。
名古屋の原告のみなさん自らの肉声によるうったえを収録したCDを紹介します。
集団訴訟を応援する歌「いのちをかけて」(作詞・武藤昌代&藤村記一郎、作曲・藤村記一郎)もはいっています。
みなさん、これを機会に是非被爆者の方の声に耳をかたむけてみてください!
下記あいち被爆者支援ネットにお問い合せいただければ1,000円(消費税込み)でご購入できます。
よろしくお願い致します。


企画製作 あいち被爆者支援ネット、名古屋青年合唱団
(問い合わせ)あいち被爆者支援ネット
名古屋市北区黒川本通り2-11-1-201
愛知県原爆被災者の会(愛友会)気付
℡052-991-3044 fax 052-991-3049

神田香織さんが憲法フェエスティバルで 新版「はだしのゲン」

5/13(土)開催の第20回憲法フェスティバル(東京・九段会館)で、講談師の神田香織さんが新版「はだしのゲン」を演じます。

2006 憲法フェスティバル
5月13日(土) @九段会館ホール
開場 12時30分  開演 午後1時 【“神田香織さんが憲法フェエスティバルで 新版「はだしのゲン」”の続きを読む】

横井久美子さんのメッセージライブ

CD「にんげんをかえせ」横井久美子さんが、原爆症認定
訴訟を応援する"メッセージライブ"を開催します!!

《札幌》※終了
4月21日(金)
★ 原爆症認定集団訴訟を支援する集い 横井久美子メッセージライブ「にんげんをかえせ」 
6時半~札幌市エルプラザホール(札幌駅北口1分) 

《名古屋》
8月12日(土)
★ 全国の原爆症認定訴訟を支援する歌と映像と証言の集い
横井久美子メッセージライブ にんげんをかえせ
午後1時開場 1時半開演 名古屋市千種文化小劇場 入場料 3000円 
証言 中村昭子
映像 絵本「こぎゃんことがあってよかとか」寺山忠好 絵・文
出演 安田雅司郎(ギター) 杉田真実(ヴァイオリン) 尾藤憲山(尺八)
主催:愛知にんげんをかえせコンサート実行委員会/横井久美子事務所
申込:横井久美子事務所042-573-3465

《京都》
9月16日(土)
★ 全国の原爆症認定訴訟を支援する歌と映像と証言の集い
横井久美子メッセージライブ にんげんをかえせ
午後1時半開場 午後2時開演 京都府民ホール アルティ 
入場料3000円 当日3500円
証言 小高美代子
映像 絵本「こぎゃんことがあってよかとか」寺山忠好 絵・文
主催:京都原爆訴訟支援ネット 後援 久美子と輝き隊・京都
申込:京都原爆訴訟支援ネット 075-811-3203
    横井久美子事務所 042-577-7410

Q 現在の原爆症認定制度には、どのような問題点があるのですか?

  「被爆者援護法」は、前文で「国の責任において‥‥高齢化の進行している被爆者に対する保健、医療及び福祉にわたる総合的な援護対策を」と定めています。本来、原爆症認定制度は、この趣旨にのっとり、病気になった被爆者を救済するための制度です。 【“Q 現在の原爆症認定制度には、どのような問題点があるのですか?”の続きを読む】

4/17名古屋地裁 樽井弁護士の弁論

4/17名古屋地裁における更新弁論の内容を掲載します。

----------------------------------------------------------
平成15年(行ウ)第20号、平成16年(行ウ)第39号事件
原 告  甲斐 昭 ほか3名
被 告  厚生労働大臣 ほか1名
意見陳述
       2006年4月17日
名古屋地方裁判所民事第9部合議係 御中
原告ら訴訟代理人弁護士  樽井直樹

 本件については、今年夏の結審を目指して証拠調べが積み重なられてきました。このたび、裁判体の構成が大きく変わることになりました、弁論の更新に当たり、改めて原告の意見陳述を行いたいと思います。

 私は、1966年、奈良県の生まれですので、戦争を体験していないことはもちろん、原爆による被害についても何も知らずに過ごしました。私が原爆について知ったのは、小学校高学年のころはやった「はだしのゲン」という漫画を読んだことであり、また広島に修学旅行に行ったことでした。
   【“4/17名古屋地裁 樽井弁護士の弁論”の続きを読む】

【裁判報告】名古屋で更新弁論、9/4結審へ!

4月17日、名古屋地方裁判所で弁論期日が開かれました。

名古屋地裁では、4名の被爆者が原告となっていますが、この4月に裁判官が交替し、今までの主張のポイントを裁判官に伝える手続が行われました(弁論の更新と言います)。フツーの民事訴訟では、形式的に「更新します」と言って1秒で終わるのですが、被爆者の思いを伝えるこの裁判ではそういうわけにいきません。
名古屋弁護団の樽井弁護士が、子どものころからの原爆や被爆者についてのイメージから説き起こして、裁判官に語りかけました。

樽井弁護士の「更新弁論」はたいへん好評で、シンガーソングライターの横井久美子さんからも「とっても感動、とってもかっこよかった」と速報をいただきました。
※横井久美子さんのウェブサイトでも紹介いただきました。http://www.asahi-net.or.jp/~fg4k-yki/report/0604/f060418.htm

また、名古屋の裁判も9月4日(月)結審すべての証拠調べを終わりあとは判決を待つだけ)という予定が決まりました。当日は、午前10時10分~11時40分までの時間で原告や弁護団からの陳述等がなされます。是非、傍聴を!

Q4 裁判ではどのようなことが明かになりましたか?

●現実を説明できないDS86 

●一見「科学的」、実は科学と無縁の「原因確率」

厚労省の原因確率

●遠距離被爆者・入市被爆者の病気がなぜ原爆症と言えるわけ(低線量被曝・体内被曝の危険性)
●最近の放影研の研究によっても、放射線がひきおこす病気はがんや白血病だけではないことが明らかに 【“Q4 裁判ではどのようなことが明かになりましたか?”の続きを読む】

森住卓さんのチェルノブイリ写真掲載☆週刊現代 4月24日発売(5/6&13合併号)

フォト・ジャーナリストの森住卓さんからのお知らせです!
森住さんの了解をいただいて転載します。
--------------------------------------------------------
写真家の森住です。

先月取材した「20年目のチェルノブイリ原発事故」の写真が4月24日発売の週刊現代にグラビア巻頭11ページ掲載されます。

史上最悪の事故から20年。激しく汚染された現場はいまだ人が近づくことを拒否しています。
避難したはずの周辺住民は故郷を捨てられず、危険を知りつつ暮らしていました。
被曝した親から生まれた2世3世の子どもたちにも放射能の影響による病気が出ています。核被害はその世代だけに終わることのない被害だと言うことを痛感させられました。
-------------------------------------------------
森住卓さんは、90年代後半から世界の核実験被害の取材にとりくんでいます。森住さんのウェブサイトも是非ごらんください。
http://www.morizumi-pj.com/

【シリーズ 弁護団の心意気!】 第一回

原爆訴訟への私の思い~弁護士 池田 眞規
(東京弁護団・1928年生まれ)


1、被爆者との出会い

 私と被爆者との出会いのきっかけは百里基地裁判です。
 1977年、自衛隊違憲訴訟の百里基地裁判の第1審判決は「自衛のために防衛措置をとることを憲法は禁止していない」と言う最悪のものでした。
 このような解釈をするのは裁判官が「政府の行為によって再び戦争の惨禍をくりかえさない」という立場に立って憲法9条解釈をしないからだ、と考えました。
 控訴審では「戦争の惨禍」を裁判官の頭に叩き込むしかないと考えたのです。こうして、日本被団協に押しかけて被爆者との付き合いが始まりました。
 最初に成果を挙げたのが肥田舜太郎医師(被爆軍医)の東京高裁の法廷での「戦争の惨禍の極限である原爆地獄」証言でした。 【“【シリーズ 弁護団の心意気!】 第一回”の続きを読む】

チェルノブイリ TV放送

4月22日(土)に、NHK BS第1 22:10~23:00の BSドキュメンタリーで 「チェルノブイリ 20年目の歌声」が放映される予定です。
3月にNHKが広河さんとウクライナを訪ね、プリピャチの避難民の子どもたちの音楽団チェルボナカリーナを取材して作った番組で、とても良いものになったそうです。
また23日にはNHK総合のNHKスペシャルでやはりそのときの取材を中心にチェルノブイリのことが取り上げられるそうです。是非ご覧下さい。

(チェルノブイリ子ども基金 小寺様の記事を転載)

チェルノブイリ原発事故20周年救援コンサートのお知らせ

ナターシャの妹カーチャ(二人はプリピャチに住んでいて、事故で被曝しました)をウクライナから招き、姉妹によるコンサートを行います。
15日秩父、18日姫路、21日広島、22日亀山、23日横浜、25日府中、26日西新井、27日狭山、29日茨城県石岡です。
詳しくはこちらをご覧下さい。
このチケットはピアでも扱っていますが、子ども基金では1割引きでおわけできますので、ご希望の方は[子ども基金事務局]
cherno1986@tokyo.email.ne.jp
までご連絡下さい。

なお子ども基金として、ベラルーシの首都ミンスクで行われる国連主催のチェルノブイリ国際会議の会場で広河さんの写真展を同時に行います。

(チェルノブイリ子ども基金 小寺様の記事を転載)

チェルノブイリ20年の取り組みのお知らせ

まもなくチェルノブイリ事故から20年。
昨年のIAEAの報告のように、事故の犠牲者を過小評価し事故を過去のものとして葬り去る動きがある中で、20週年の取り組みを新たなスタートにしなければと思います。
そこで日本のチェルノブイリに関わる様々な団体が実行委員会を結成し、4月16日にシンポジウムを行うことになりました。
私もその一員として取り組んできました。
内容が非常に充実しています。
特にこのシンポジウムにウクライナからシチェルバク白紙を招き講演をしていただきます。
氏は1988年「ウクライナ緑の運動」を創設し、1989年にソ連最高会議議員に選出され、サハロフ博士と共に活躍しました。
野党側のリーダーかつエネルギー・原子力安全小委員会の委員長として、チェルノブイリ事故やセミパラチンスク、ウラルでの核惨事の問題を議会ではじめて取り上げた方です。
シチェルバク博士は今回の講演のレジュメに
「チェルノブイリ事故は、核戦争が宣言されなくとも、核災害によって地域や国が丸ごとに消滅してしまうモデルとなった。グローバリゼーションにともない国際間、大陸間の相互依存が増加しているなかで、原子力、化学、生物、情報産業といった巨大科学技術での管理の失敗は、人類全体に破滅的な被害をもたらす可能性がある。21世紀における、国連、国家、市民社会の課題は、チェルノブイリの経験をふまえて、そうしたリスクを適切に評価することである。」
と書かれています。
300名しか入らない小さな会場ですが、是非おいでいただけたらと思います。
(当日券はなくなる恐れがあります。前売り券ご希望の方は、お名前と住所もしくは所属団体をご記入の上、cnic@nifty.com 原子力資料情報室  までご連絡ください。)
詳細については下記をご覧下さい。
http://cnic.jp/files/che20/che20.pdf
(チェルノブイリ子ども基金の小寺様の記事を転載)

新聞記事(原爆症認定 6日集団申請)-3


原爆症認定を」 被爆者集団申請道内でも3人 【写真】


北海道新聞

広島、長崎での被爆が原因で現在も病気や健康悪化に苦しんでいるとして、道内に住む被爆者三人が六日、道に対し、国から医療特別手当を支給される原爆症の認定を申請した
...


原爆症認定で集団申請・北海道の被爆者ら


日本経済新聞

... 北海道に住む被爆者3人が6日午前、国から医療特別手当を支給される「原爆症」の認定を申請した。同日中に東京都と長崎、熊本両県の計22人も申請する予定。
...


原爆症の認定求めて集団申請


テレビ熊本

第二次大戦中の広島、長崎での被爆が原因で、現在もガンなどの病気に苦しんでいるとして、県内の被爆者が国から医療特別手当が支給される原爆症の認定を求めて集団申請した

新聞記事(原爆症認定 6日集団申請)-2

原爆症認定求め4都道県の26人が申請
朝日新聞
がんなどに苦しむ4都道県の被爆者26人が6日、原爆症の認定を申請した。申請者の内訳は、東京都に14人、熊本県に7人、北海道に3人、長崎市に2人。 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する

原爆症認定求め7人が集団申請
熊本朝日放送
広島、長崎の原爆が原因でがんなどの重い病気を患ったとして、県内の被爆者7人が、きょう集団で原爆症の認定を申請しました。申請をしたのは、69歳から84歳までの男女7人です ...
このトピックに関する記事をすべて表示する



原爆症と認めて” 被爆者が一斉申請

しんぶん赤旗
「私の病気を原爆のせいだと認めてほしい」と6日、北海道、東京、長崎、熊本の被爆者26人が、各自治体の窓口を通じ、原爆症の認定を厚生労働省に一斉に申請しました。3月14日に...
このトピックに関する記事をすべて表示する

新聞記事(原爆症認定 6日集団申請)

中国新聞地域ニュース 原爆症認定 6日集団申請 '06/4/6

 日本被団協の呼び掛けで、原爆症認定を求めて長崎市など一市三都道県の被爆者二十五人が六日、各地の自治体の窓口に申請書を提出する。「国の基準は厳しすぎる」として二〇〇二年から取り組んでいる集団申請・訴訟の第二次運動では、三月十四日に続く第二弾となる。七月まで毎月、一斉申請を展開する。
→続きはこちらをご覧下さい。


原爆症認定集団訴訟原告・福地義直さんを偲ぶつどい

東京都原爆被害者団体協議会(東友会)村田です。

原爆症認定集団訴訟原告・福地義直さんを偲ぶつどいを、墨田折鶴会(墨田区の被爆者の会)と、墨田おりづるネット(原爆裁判の勝利をめざす墨田の会)が、4月23日におこないます。

下記の東友会のHPにお知らせをアップしてあります。
ぜひご参加を。

http://www4.ocn.ne.jp/~t-hibaku/frame1.htm

村田 未知子 
  東京都原爆被害者団体協議会
  社 団 法 人  東   友   会

   さらば戦争!映画祭 企画会議・実行委員募集のご案内

昨年11月に、「パッチギ」「あんにょん・サヨナラ」などを上映した
「さらば戦争!映画祭」http://www.eigasai-60.com/の2006年実行委員会のお知らせです。

みなさんのご参加をおまちしています。
また、転送大歓迎です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   さらば戦争!映画祭 企画会議・実行委員募集のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みなさま
 私たちは「さらば戦争!映画祭」実行委員会です。2005年11月に第一回「さらば戦争!
映画祭」を行いました。(http://www.eigasai-60.com/

昨年の映画祭アンケートには、“次回企画に関わりたい”、“今後も映画祭を継
続して欲しい”、といったコメントを多く頂いておりました。そこで、このたび
実行委員会では、次回映画祭を2006年に行うことを正式に決定し、前回観客とし
てご参加頂いた皆様や、映画祭について初めて知った皆様にも、実行委員会に加
わり一緒に企画を進めていただけたらと考え、このようなご案内を差し上げまし
た。興味のある分野でのみのご参加も歓迎です。どうぞ宜しくお願いいたします。
なお、第一回実行委員会を4月4日(火)19時と設定させて頂きました。
【“   さらば戦争!映画祭 企画会議・実行委員募集のご案内”の続きを読む】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。