《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/17名古屋地裁 樽井弁護士の弁論

4/17名古屋地裁における更新弁論の内容を掲載します。

----------------------------------------------------------
平成15年(行ウ)第20号、平成16年(行ウ)第39号事件
原 告  甲斐 昭 ほか3名
被 告  厚生労働大臣 ほか1名
意見陳述
       2006年4月17日
名古屋地方裁判所民事第9部合議係 御中
原告ら訴訟代理人弁護士  樽井直樹

 本件については、今年夏の結審を目指して証拠調べが積み重なられてきました。このたび、裁判体の構成が大きく変わることになりました、弁論の更新に当たり、改めて原告の意見陳述を行いたいと思います。

 私は、1966年、奈良県の生まれですので、戦争を体験していないことはもちろん、原爆による被害についても何も知らずに過ごしました。私が原爆について知ったのは、小学校高学年のころはやった「はだしのゲン」という漫画を読んだことであり、また広島に修学旅行に行ったことでした。
   【“4/17名古屋地裁 樽井弁護士の弁論”の続きを読む】
スポンサーサイト

【裁判報告】名古屋で更新弁論、9/4結審へ!

4月17日、名古屋地方裁判所で弁論期日が開かれました。

名古屋地裁では、4名の被爆者が原告となっていますが、この4月に裁判官が交替し、今までの主張のポイントを裁判官に伝える手続が行われました(弁論の更新と言います)。フツーの民事訴訟では、形式的に「更新します」と言って1秒で終わるのですが、被爆者の思いを伝えるこの裁判ではそういうわけにいきません。
名古屋弁護団の樽井弁護士が、子どものころからの原爆や被爆者についてのイメージから説き起こして、裁判官に語りかけました。

樽井弁護士の「更新弁論」はたいへん好評で、シンガーソングライターの横井久美子さんからも「とっても感動、とってもかっこよかった」と速報をいただきました。
※横井久美子さんのウェブサイトでも紹介いただきました。http://www.asahi-net.or.jp/~fg4k-yki/report/0604/f060418.htm

また、名古屋の裁判も9月4日(月)結審すべての証拠調べを終わりあとは判決を待つだけ)という予定が決まりました。当日は、午前10時10分~11時40分までの時間で原告や弁護団からの陳述等がなされます。是非、傍聴を!

Q4 裁判ではどのようなことが明かになりましたか?

●現実を説明できないDS86 

●一見「科学的」、実は科学と無縁の「原因確率」

厚労省の原因確率

●遠距離被爆者・入市被爆者の病気がなぜ原爆症と言えるわけ(低線量被曝・体内被曝の危険性)
●最近の放影研の研究によっても、放射線がひきおこす病気はがんや白血病だけではないことが明らかに 【“Q4 裁判ではどのようなことが明かになりましたか?”の続きを読む】

森住卓さんのチェルノブイリ写真掲載☆週刊現代 4月24日発売(5/6&13合併号)

フォト・ジャーナリストの森住卓さんからのお知らせです!
森住さんの了解をいただいて転載します。
--------------------------------------------------------
写真家の森住です。

先月取材した「20年目のチェルノブイリ原発事故」の写真が4月24日発売の週刊現代にグラビア巻頭11ページ掲載されます。

史上最悪の事故から20年。激しく汚染された現場はいまだ人が近づくことを拒否しています。
避難したはずの周辺住民は故郷を捨てられず、危険を知りつつ暮らしていました。
被曝した親から生まれた2世3世の子どもたちにも放射能の影響による病気が出ています。核被害はその世代だけに終わることのない被害だと言うことを痛感させられました。
-------------------------------------------------
森住卓さんは、90年代後半から世界の核実験被害の取材にとりくんでいます。森住さんのウェブサイトも是非ごらんください。
http://www.morizumi-pj.com/

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。