《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埼玉でも「入市被爆者」の遺族が提訴! 4/28

 4月28日、さいたま地方裁判所に、広島の被爆者中野久司さんの遺族が、久司さんの原爆症認定を求めるため新たに提訴しました。中野久司さんは、1945年当時、廣島工業高校4年生で8月6日は呉にいましたが、母校が被爆したため9日に入市、同高校の片付け作業に従事して被爆、被爆後数ヶ月は急性症状に、昭和20年代は「ぶらぶら病」と呼ばれる激しい全身倦怠感に苦しめられ、被爆から数十年を経て骨髄異形成症候群、横行結腸癌を発症、昨年2月、これらの病気を原爆症と認めるよう申請をしましたが4月に死亡、申請は11月に却下されていたそうです。中野さんは長い間、今回原告となった家族に対しても、被爆の事実を隠していたとのことです。

 今回の提訴で、集団訴訟の原告は全国13の裁判所に170名。提訴後亡くなった原告は26名です。
遠距離被爆者・入市被爆者の病気が原爆症と言えるのはなぜですか (低線量被曝・体内被曝) 【“埼玉でも「入市被爆者」の遺族が提訴! 4/28”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。