《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKドキュメンタリー「廃船」を観る会 6/10

東京都立第五福竜丸展示館が開館30周年記念イベントの一つとして、1969年3月放映されたドキュメンタリー番組「廃船」の上映&トークの会を催します。 【“NHKドキュメンタリー「廃船」を観る会 6/10”の続きを読む】
スポンサーサイト

司法修習生(法律家の卵)にアピール

4/28、東京弁護団の田部知江子、芝田佳宜両弁護士が、司法修習生の会合に参加し、原爆症訴訟についてアピールしました。被爆者が60年経った今、放射線によるさまざまな病気で苦しんでいることや、原爆症認定を申請してもほとんどが却下されている事実については、驚きの声があがったそうです。他方、丁度「はだしのゲン」(中沢啓治作)を愛読した世代の方が多く、「ゲン」の話で盛り上がったそうです。参加した田部弁護士は、「修習生と話していて、中沢啓治さんが集団訴訟の原告を題材に『ゲン』第二部を書いてくださらないかなあと思いつきました」と話しています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。