《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/18(木) 昼休み厚生労働省前へ集まろう!!

5/18(木)のアクション
「控訴するな!」「原告と面談せよ!」「認定制度の抜本改正を!」の声を響かせよう!

11:45~13:00 厚生労働省前リレートーク

※昼休みアクションは、19(金)、22(月)、23(火)、24(水)も行います。
5/25(木)は、午後3時から厚労省前アクションの後、午後4時より、弁護士会館で集会を持つ予定です。
スポンサーサイト

近畿原爆症認定訴訟判決の意義

「今、被告らに残されたとるべき途は明白です。」

5月17日、原爆症認定集団訴訟(東京)の口頭弁論で、近畿弁護団の尾藤廣喜弁護士が行った意見陳述の内容を掲載します。 【“近畿原爆症認定訴訟判決の意義”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。