《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚生労働省よ更生せよ!! 3月5日市民集会

厚生労働省よ更生せよ!!
~放置される被害者たち


◆こうせい【厚生】〔名〕人々の暮らしを健康で豊かなものにすること。「─施設」「福利─」◇多く他の語につけて使う。

◆こうせい【更生】〔自サ変〕①好ましくない過去を反省して清算し、生活態度などを改めること。「悪の道から―する」②被害者切り捨ての行政をあらため命と健康を大切にするものにすること


この春は,国特に厚労省相手の重要判決が目白押しです。

H19.1.30 【残留孤児】東京地裁(国を免罪する不当判決でしたが,判決の論理が極端な内容であったために,かえって全面解決への声が高まっています)
H19.1.31 【原爆症】名古屋地裁(三度,原爆症認定の「審査の方針」が断罪されました。他方で,解明途上にある放射線被害について個別の起因性審査を要求する現行法の限界も明らかになりました)

H19.3.20 【原爆症】仙台地裁判決
H19.3.22 【原爆症】東京地裁判決
H19.3.23 【残留孤児】【薬害肝炎】東京地裁判決
H19.3.28 【トンネルじん肺】徳島地裁判決

H19.4.25 【残留孤児】広島地裁判決

いずれもいのちとくらしをないがしろにする厚労省の姿勢が厳しく断罪されるものと予想されますが,最近の厚労省は,裁判に負けても負けても行政は変わらない・変えようとしないという異常な態度をとっています。

裁判所の判決にも従わず,被害者を切り捨て続ける厚労省に反省を迫り【更生】させるため,来る3月5日,これらの事件の当事者・支援者が共同して市民集会を開催します。

※関係資料,下記よりダウンロードできます。

4事件一覧表(プレスリリース用)
3/5市民集会「厚生労働省よ更生せよ!」チラシ

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。