《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/3(土) 公開シンポジウム「知らされなかった核兵器の脅威」

共催 明治学院大学国際学部付属研究所+グローバルヒバクシャ研究会

公開シンポジウム
「知らされなかった核兵器の脅威」

      テーマⅠ なぜいま原爆症認定集団訴訟なのか
      テーマⅡ 残留放射線と内部被曝
      テーマⅢ 封印されたヒロシマ・ナガサキ

「原爆症認定集団訴訟」が提起している深刻な放射能被害の実態と、それが戦後、米軍によって隠蔽され、正面からの取り組みが立ち遅れてしまったという問題に、焦点をあてました。核兵器の廃絶がなぜ目ざされなくてはならないのか、その原点をあらためて確認できればと思います。

日時 2007年3月3日(土) 午前10時~午後5時15分
場所 明治学院大学白金キャンパス (本館10階 会議場)
〒108-8636 東京都港区白金台1-2-37
※入場無料(満席の場合、入場をお断りすることがありますので、予めご了解下さい)

◆お問い合わせ◆

● 明治学院大学国際学部付属研究所  iism@k.meijigakuin.ac.jp  (※必ず件名に『33シンポジウム』と入れてお問合せください)
● グローバルヒバクシャ研究会 globalhibaku@yahoo.co.jp
 TEL.03-5287-3750(諏訪の森法律事務所気付)


33symposiumのチラシ

※チラシのダウンロード(pdf 460Kb)右クリックして保存してください
【“3/3(土) 公開シンポジウム「知らされなかった核兵器の脅威」”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。