《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在の提訴者数を更新しました。

10月1日付けで、大阪地裁に兵庫の被爆者が提訴しました。

この原告は、8月7日未明広島市内に入市。申請疾病は肺がんです。
既往歴として、ぶらぶら病、高血圧、心筋梗塞、腎臓がん、脳梗塞がある方だそうです。

提訴者は、22都道府県、15地裁、6高裁に284人となりました。


※被爆者が死亡して複数名の遺族が承継した場合もそのまま被爆者の数でカウントしています。

詳細は,「ジャンプ」の欄の「現在の提訴者数」をクリックしてください。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。