《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新基準による「線引き」について矢ヶ崎克馬教授意見書と準備書面を提出

被爆者側は、4/18、東京地裁及び東京高裁に対し、、新しい審査の方針に示された、①直爆3.5キロメートルという距離の線引きと、②入市100時間以内という時間の線引きの不合理性について、主に放射性降下物による被爆の問題を中心に述べた準備書面を提出しました。

この準備書面は、名古屋大学名誉教授・沢田昭二氏の意見書と、今回提出した琉球大学教授・矢ヶ崎克馬氏の意見書に基づくものです。
スポンサーサイト

裁判所で国側の釈明を求める

4/18、東京高等裁判所及び東京地方裁判所で、従来の主張を撤回していない国側に対して、以下のとおり釈明を求める申立をしました。

「新しい審査の方針」のもと今まで認定を拒まれてきた多数の原告らが認定されているのに、国は「原告らはほとんど被爆していない」という不当な主張を撤回していません。

-------------------------------------------------------------------------

平成19年(行コ)第137号
原爆症認定申請却下処分取消等請求控訴事件
控訴人(一審原告)  山 本 英 典  外
被控訴人(一審被告) 国,厚生労働大臣

求 釈 明 申 立 書

2008年(平成20年)4月17日
東京高等裁判所 第4民事部 御中

                  控訴人(一審原告)ら訴訟代理人
弁護士 高 見 澤 昭 治
 外

2008年(平成20年)3月17日、原子爆弾被爆者医療分科会は、従来の「原爆症認定に関する審査の方針」(平成13年5月25日。乙1)を廃止し、新たな判断基準として「新しい審査の方針」を策定した。4月7日に開催された同分科会の第一審査部会と第四審査部会は、本件一審原告6名を含む同種事件原告16名を原爆症と認定し厚生労働大臣はこれを本人に通知した。厚労省によれば、今後も全国の原告について新たな基準に基づく審査を行い、厚労大臣は「全国の原告の4分の3が認定される」との見通しを述べている。
このように、一審被告自らが認定審査のあり方を抜本的に転換させたことにより、本件訴訟の審理の対象及び争点も大きな影響を受けることが明かであることから、一審原告らは、一審被告に対し、以下のとおり釈明を求める。一審被告は、これらについて、速やかに回答されたい。

【“裁判所で国側の釈明を求める”の続きを読む】

厚労省、自らの却下処分を取り消し47名の原告を原爆症認定

厚労省は、4月7日と同21日に被爆者医療分科会に新設された積極認定のための各部会を開催し、合計47名の集団訴訟原告について、認定申請を却下した以前の処分を取り消し、あらためて原爆症と認定する決定をしました。

他方、裁判では、未だに「原告らはほとんど被爆していない」という不当な主張を維持しています。

今こそ、被爆者と国民の大運動によって原爆被害を隠蔽し被爆者を切り捨ててきた従来の認定行政について謝罪させ、4月から実施された「新基準」の問題点を改善し、原告全員の救済を勝ち取る時です。

5月28日には仙台高裁、5月30日には大阪高裁の判決が言い渡されます。集団訴訟ではじめての高裁判決です。
みなさんのご支援をお願いいたします。

原爆症認定集団訴訟・近畿の裁判傍聴日誌○35

原爆症認定集団訴訟・近畿の裁判傍聴日誌○35
初の高裁判決迎える5月、闘いは最大の山場へ
「原因確率」破綻しながら謝罪もしない厚労省

2008年4月30日(水)

 「原爆に遭い、戦後を必死に生きて原爆が原因の病気にかかり、命の宣告をうけてから国を相手に裁判を起こす。原爆を許すことの出来ない人生をかけた裁判を起こす気力はいかばかりだったろうか。人生の最後の5日間にたたかいは間に合ったのかどうか。前のめりの素晴らしい人生、原爆に負けなかった人生を学ばせてもらったおもいがします。ありがとうございます。安らかにお眠り下さい」
(京都原爆訴訟支援ネットのホームページ「掲示板」に寄せられた市民の声から)
【“原爆症認定集団訴訟・近畿の裁判傍聴日誌○35”の続きを読む】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。