《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原告 西本治子さんのうったえ (6/5)

東京原告の西本治子さんが、6月5日、桝添要一厚生労働大臣と面談した際にうったえた内容です。

 西本さんは、甲状腺機能低下症で原爆症認定申請をして、昨年3月22日の東京地方裁判所の判決で勝訴しました。
 しかし、国が控訴したために裁判は東京高等裁判所で続いています。
 4月から実施された新しい審査基準でも、甲状腺機能低下症は積極認定の対象からはずされ、個別判断とされるため、認定されるかどうかわからず、不安な状態に置かれています。
----------------------------------------------
私は7歳の時、長崎で被爆しました。
原爆手帳の距離は3.8キロですが、8月10日から三日間、両親に連れられ、おばさんの安否を確かめるため、爆心地のすぐそばまで歩いて往復しました。

【“原告 西本治子さんのうったえ (6/5)”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。