《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24日 14時~院内集会

本日(24日)14時~院内集会報告集会を開催!

14:00~16:00
衆院第2議員会館第3会議室(主催:日本被団協など)

原爆症認定制度を抜本的に改善し、被爆者救済を進めるため、是非ご参加ください。
スポンサーサイト

札幌地裁でも全員勝訴 新しい審査の方針の再改訂は必至!

5月の仙台・大阪高裁判決、6月の長崎地裁判決、7月の大阪地裁判決に続
き、9月22日(月)、札幌地方裁判所において
原告4人全員勝訴!!
(既に新基準によって認定されている3人を除く)

これで原告の11連勝となったうえ、新しい審査の基準でも積極認定の対象となっていない肝機能障害、甲状腺機能障害、高血圧症が原爆症と認められました。
新しい審査の基準が不十分であることは明らかです。
☆ 札幌地裁勝訴判決を受け、即日、厚生労働大臣に対し、
以下の5点の申し入れをしました。
① 札幌地裁判決に対する控訴を断念すること。
② 仙台・大阪両高裁判決及び長崎・大阪・札幌地裁判決の趣旨を踏まえ、「審査の方針」を原爆被害の実態に即したものに再改訂すること。
③ 全国の原爆症認定集団訴訟を一括解決すること。
④ これまでの被爆者切り捨ての認定行政を反省し、被爆者に謝罪すること。
⑤ 厚生労働大臣が私たちと面談して、この申し入れに回答すること。

9/22 (月)札幌地裁で判決!

9/22(月)午前10時
7名の原告に対する判決が言い渡されます。
肝炎や甲状腺機能低下症の原告について、裁判所がどのような判決を下すのか注目されます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。