《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FAXニュース 第二号

上告するな!厚労省前で行動

5月18日、全国から被爆者、弁護団、支援者らが駆け付け、厚生労働省前で要請行動を行いました。
近畿弁護団の有馬弁護士は、「核兵器が三度利用されなかったのは被爆者のおかげ。被爆者に感謝しなければならない。」と訴えました。
来る5月28日に東京高裁判決を迎える原告も、揃って全面解決に向けた支援要請をアピールしました。

「ノーベル平和賞受賞者ヒロシマ・ナガサキ宣言」より

【“FAXニュース 第二号”の続きを読む】
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。