《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月22日の被爆者医療分科会の決定について (声明)

2009年6月22日
                      原爆症認定集団訴訟全国原告団
                        日本原水爆被害者団体協議会 
                 原爆症認定集団訴訟・全国弁護団連絡会

声  明

 ~慢性肝炎・肝硬変、甲状腺機能低下症を「積極認定」の範囲に入れるとした本日の医療分科会の結論について~

 本日、疾病・障害認定審査会 原子爆弾被爆者医療分科会において、原爆症認定基準である「新しい審査の方針」が改定され、慢性肝炎・肝硬変及び甲状腺機能低下症が、積極的に認定する範囲の疾病として追加されることになった。

これらの疾病が積極的認定に入れられたことは、これまでの判決の経過からして当然のことであり、私たちが求めてきた基準の改訂の第一歩である。

しかし、われわれは、これらの疾病に「放射線起因性が認められる」という条件がつけられていることに抗議するとともに、この条件を直ちに削除することを強く求めるものである。

 2008年4月から実施されている「新しい審査の方針」で、白内障には「放射線白内障(加齢性白内障を除く)」、心筋梗塞にも「放射線起因性が認められる心筋梗塞」という条件が付けられているため、これら両疾病の「原爆症認定」が大幅に制限され、かつ遅れているという実態がある。

 昨年度の認定状況をみると、白内障・心筋梗塞は,答申件数101件に対して「認定」はわずかに44件,つまり数ばかりでなく認定率も50%を下回っており、肝炎・肝硬変、甲状腺機能低下症においても,これと同様の認定が行われる危惧が大きい。

 私たちは、国・厚生労働省が、国家補償的措置の立場から、原爆症認定集団訴訟で勝訴している肝機能障害、甲状腺機能低下症の原告を直ちに原爆症と認定するとともに、未判決・未認定の原告についても、直ちに認定することを要求するものである。
スポンサーサイト

民主党も質問、申し入れ

6/9午後、民主党の藤村修『次の内閣』ネクスト厚生労働大臣や高木義明議員、松本大輔議員、山田正彦議員が、河村官房長官に面会し、勝訴原告の認定、未判決・敗訴原告の救済、認定制度の抜本的改正を強く申し入れました。

民主党のウェブサイトでも詳しく報告されています

「藤村修『次の内閣』ネクスト厚生労働大臣は9日午後、官邸を訪れ、河村官房長官に対し、原爆症認定問題に関し被爆者援護の立場で対応するよう要望書(以下ダウンロード参照)を手渡した。申し入れには、高木義明・民主党原爆症認定制度見直し作業チーム座長、松本大輔・同事務局長、山田正彦前・民主党ネクスト厚労大臣が同席した」


また、同じ6/9は 、民主党の谷博之先生、下田敦子先生が、参議院厚生労働委員会で、訴訟解決などについて質問して下さいました。

厚労省前にテント開設(第2次座り込み開始)

6/9(火)、被爆者は、国・厚労省が謝罪した上で、与党PTの解決勧告を無条件に受け入れて、司法判断に従った原爆症認定基準の抜本的再改定と、原告全員救済による集団訴訟の全面解決を直ちに決断をするまでたたかい抜く決意です。

是非、テントを訪れて激励をしていただきますようよろしくお願いいたします。

激励歓迎!
被爆者に声をかけて励ましてください!

舛添厚労大臣が被爆者と面会!!

舛添厚労大臣が被爆者と面会!!

昨日(6/9)、国会内で被爆者と舛添厚労大臣の面会が実現しました。
舛添厚労大臣は、

「18回続けて国が負け続けてきた司法の判断の重みを、われわれは政治家として重く受け止めなければならない」、「6年間、訴訟で大変な苦労をなさったということがなければ、認定の問題もなかなか世間の耳目を集められなかった。そういうこの訴訟の重み、皆様方のご努力ということも十分勘案しないといけない」

と述べました。

秋葉市長も「全員救済」「全面解決」を求めました

時事通信の報道によれば、広島市の秋葉市長も、、「全員救済への第一歩であると認識している」とのコメントを表明しました。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009060900730

国の上告断念にあたっての声明 (6/9)

国・厚労省は被爆者に謝罪を!
与党PTの解決勧告を無条件に受け入れよ!
司法判断に従った原爆症認定基準の抜本的再改定と、
原告全員救済による集団訴訟の全面解決を直ちに決断を!


国の上告断念にあたっての声明
~原爆症認定集団東京訴訟・東京高裁判決について~
2009年6月9日
原爆症認定集団訴訟東京原告団
原爆症認定集団訴訟全国原告団
東京都原爆被害者団体協議会(東友会)
日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)
原爆症認定集団訴訟東京弁護団
原爆症認定集団訴訟全国弁護団連絡会

 本日、原爆症認定集団東京訴訟の東京高裁判決に対して、厚生労働大臣は上告を断念し、同高裁判決のうち厚労大臣敗訴部分が確定することとなった。

 かねてから、河村官房長官は「東京高裁判決が一括解決のタイムリミット」と述べ、厚生労働省も「原爆症認定集団訴訟と認定基準の改定に関して、5月末までに予定されている大阪高裁判決、東京高裁判決などの司法判断を踏まえて最終的な判断をする」と明言してきたところであり、今回の厚労大臣の上告断念は当然の決定である。

 私たちは、国・厚労省が被爆者に謝罪したうえで、与党PTの解決勧告を無条件に受け入れて、司法判断に従った原爆症認定基準の抜本的再改定と、原告全員救済による集団訴訟の全面解決を直ちに決断をすることを強く求める。

 集団訴訟の原告らは、病気や差別とたたかいながら身をもって原爆被害を告発してきた。被爆国日本の政府としては、これら集団訴訟の原告・被爆者の声にこたえ、被爆の実態に即した原爆症認定制度を確立し、世界に核兵器の残虐性を示す先頭に立つことこそが求められている。

 集団訴訟の提訴以来すでに68名の原告が亡くなり、全国の原告らは、「命あるうちに救済を」と切に願っている。病に苦しむ高齢の被爆者に、もはや多くの時間は残されていない。
 私たちは、一日も早い解決のために、最後までたたかい抜く決意である。
以上

[動画]全面解決に向けて、国会各会派からのご発言を集めました

福島@東京弁護団動画班です

6月9日は、厚労大臣面会、第2次座り込み開始と、
情勢は大きく動いています。
なんとしても、よりよい全面解決を勝ち取るべく、本日お送りする動画は、
国会の与野党各会派からのご発言集です。
この間、与党PTからは強力な勧告的意見が出され、
PT以外の国会議員の先生方からも、与野党の枠を超えて、委員会での質問、大臣申し入れなど、多大なご尽力をいただいています。
国会、そして世論は私たちの味方です。
政府・厚労省の反発を押し返して、高い水準の全面解決を勝ち取るべく、がんばりましょう。

自民党PTの寺田稔衆議院議員のご発言集です。
(3動画、合計15分ほどです。技術上の問題で寺田先生だけ画面が小さくなってしまいました。もうしわけありません。大きな画面でご覧になるときは画面上部のタイトルをクリックしてください)
① 5月19日 東京集会
② 5月26日 第1次座り込みテント開き
③ 5月28日 東京高裁判決後の院内集会
m>pe="application/x-shockwave-flash" width="480" height="385" allowscriptaccess=
"always" allowfullscreen="true">


公明党 太田代表との面談です(5月26日)


民主党 鳩山代表との面談です(5月25日)


共産党 志位委員長との面談です(5月25日)


社民党 福島党首との面談です(5月25日)


新党日本 田中代表の全国集会でのご発言です(5月28日)




東京原告西本治子さんの訴え(動画)

福島@東京動画班です

本日のお奨め動画です

東京原告の象徴的な存在でもある、西本治子さんの訴え集です。

m>pe="application/x-shockwave-flash" width="480" height="385" allowscriptaccess=
"always" allowfullscreen="true">


西本治子さんは、被爆のために、病気だけではなく、差別をうけたり、ずっとつらい目
にあってきました。
そのため、訴訟提起してから、1審判決までは、ずっと匿名にしていましたが、1審の
東京地裁判決後は自ら名乗りをあげ、舛添厚生労働大臣にも面会するなど、運動の先頭
にたっておられます。病気のつらい体を押して。
病気は今焦点となっている甲状腺機能障害(低下症)です。地裁・高裁と裁判では勝ち
ました。高裁判決を聞いた直後、西本さんは法廷で泣いていました。これで本当に解決
する、そのような心からの気持の喜びの涙でした。

小西悟さん、峠三吉を朗ずる

東京弁護団動画班福島です

東京原告で、日本被団協事務局次長の小西悟さんの朗ずる、峠三吉です。
5月19日厚労省前集会より。



再生リスト全体はこちら(動画3本。1本目が5月19日。2本目が、6月3日官邸前、原爆ゆるすまじの合唱のあと、小西さんの「にんげんをかえせ」。3本目が、6月5日官邸前、「8月6日」)

東京弁護団動画班より~決戦前のひと時にこの1本を

本日お勧めの動画です

決戦前のコーヒーブレイクということで、音楽集をどうぞ
http://www.youtube.com/view_play_list?p=CFDE793DC28B5768
(再生リストです。7本の動画収録です)

全部は長くて見られねえや、という方は、再生リスト最後の動画、
判決後の集会での横井久美子さんのものだけでもご覧下さい。
最後の会場全体での合唱はちょっと感動的です。

作業用BGMとしてもご利用下さい。



「生きてきてよかった」5/28東京高裁判決直後の原告たち (動画)

高裁判決後の記者会見から (撮影・文 東京弁護団福島さん)


原告中山勇榮さんのお話
http://www.youtube.com/watch?v=9EiJT06hzkg

約2分です。

このときは、中山さんはじめ、原告の皆さん、本当に嬉しそうでした。
いまこそ、皆さんの思いに応えなければならないと思います。

前後の記者会見全体はこちら
http://www.youtube.com/view_play_list?p=1E5CD57A092D51A2

第2次座り込みを実施します!

全国のみなさんへ

原爆症認定集団訴訟・全面解決を求めて
第2次座り込みを実施します。

原爆症認定集団訴訟・5/28東京高裁判決を受けても
厚生労働省に解決の意思はありません!

厚生労働省は、被爆者・原告との約束を反故にし、今週の大臣面談を拒絶しました。こうした状態を打開するため、原告・被爆者は、6月9日からふたたび座り込みに入ることを決断しました。

舛添厚生労働大臣は、東京判決直後、「原告のみなさんとお話をして要望をお聞きしたい」と述べていましたが、6月2日になって、会うのは「上告期限の11日以降に」と言い出しました。被爆者はそんなに待てません。舛添厚生労働大臣は、まず、被爆者・原告と面談してその声を聴くことを要求します。

厚労省は、東京高裁判決に対して上告の可否を検討するだけで、全面解決について何も考えていません!
6月2日の厚生労働省と原告らの交渉で、厚生労働省の担当者は、「上告もありうる」と発言し被爆者の怒りをかいました。全面解決の中身については、何一つ発言がありませんでした。厚労省に任せていては訴訟は解決しません。

全国からのご参加よろしくお願いします。

座り込みは以下の日程でおこないます。(当面9日~12日までの4日間)
    
6月9日(火) 11:00~座り込み開始
    6月10日(水) 10:00~17:00
    6月11日(木) 10:00~17:00
    6月12日(金) 10:00~16:00
      ※場所は1回目と同じ日比谷公園のかもめ広場。厚労省側です。
              
2009年6月3日  日本原水爆被害者団体協議会
                   原爆症認定集団訴訟全国原告団
                   原爆症認定集団訴訟全国弁護団
原爆症認定集団訴訟を支援する全国ネットワーク

6/3 官邸前行動を動画でごらんください!

官邸前行動の動画をアップしました
5分割で上げています。

再生リストURL
http://www.youtube.com/view_play_list?p=97B1562863081F43
今回は、頭部分だけですが、字幕入れてみました。
(弁護団担当者より)

1日も早い全面解決は天の声!

原爆症裁判近畿弁護団ブログ のご厚意で転載させていただきます。http://fujiwaradannchou.blog50.fc2.com/

朝日新聞 原爆症訴訟―政府は全員救済を急げ
読売新聞 原爆症訴訟 認定基準の再見直しが必要だ(5月29日付・読売社説)
毎日新聞 原爆症救済 政治決断迫られている
産経新聞 原爆症認定訴訟 患者救済に向け決着図れ
日経新聞 原爆症認定の早期決着を(5/30)
東京新聞・中日新聞 原爆症認定 見直しも救済も急げ
中国新聞 「原爆症」高裁判決 積極認定へ政治決断を
長崎新聞 原爆症訴訟大詰め  政治決断で全面解決急げ
西日本新聞 原爆症認定訴訟 「全面解決」の時を逃すな
北海道新聞 原爆症訴訟 認定基準を見直す時だ(5月29日)
北日本新聞 原爆症認定基準/救済拡大へ大幅見直しを
新潟日報 原爆症認定訴訟 全員救済を決断する時だ
神戸新聞 原爆症訴訟/幅広い救済を急ぐときだ 
高知新聞 【原爆症認定】司法判断を受け止めよ
山陽新聞 原爆症認定 速やかな政治判断求める
信濃毎日新聞 原爆症判決 全面救済を急がねば


(追記)
NHK時論公論 「原爆症認定 救済を急げ」
愛媛新聞 原爆症救済 政治判断で全面解決を急げ
徳島新聞 原爆症訴訟 認定基準を早急に見直せ
しんぶん赤旗 原爆症認定 全面解決への決断を求める
京都新聞 原爆症訴訟  一括救済へ政治の出番
琉球新報 原爆症認定 「全員救済」の政治決断を
南日本新聞 [原爆症認定] 約束通り基準を見直せ

星陵会館での集会(5/28東京高裁判決当日)の映像です!

再生リストのURLは
http://www.youtube.com/view_play_list?p=BF77C63B30524D87
です。

厚生労働省に解決の意思無し!~FAXニュースから

原爆症認定集団訴訟
5/28東京高裁判決を受けても

厚生労働省に解決の意思無し!


厚生労働省は、被爆者・原告との約束を反故にし、今週の大臣面談を拒絶しました!

舛添厚生労働大臣は、東京判決直後、「原告のみなさんとお話をして要望をお聞きしたい」と述べていましたが、昨日になって、会うのは「上告期限の11日以降に」と言い出しました。被爆者はそんなに待てません。舛添厚生労働大臣は、まず、被爆者・原告と面談してその声を聴くことを要求します。

厚労省は、東京高裁判決に対して上告の可否を検討するだけで、全面解決について何も考えていません!

昨日(6/2)の厚生労働省との交渉で、厚生労働省の担当者は、「上告もありうる」と発言し被爆者の怒りをかいました。全面解決の中身については、何一つ発言がありませんでした。厚労省に任せていては訴訟は解決しません。


★ こうした状態を打開するため、被爆者は、6月9日からふたたび坐りこみにはいることを決断しました。平均年齢80歳近い原告の思いを受止めてください!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。