《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星陵会館での集会(5/28東京高裁判決当日)の映像です!

再生リストのURLは
http://www.youtube.com/view_play_list?p=BF77C63B30524D87
です。
スポンサーサイト

厚生労働省に解決の意思無し!~FAXニュースから

原爆症認定集団訴訟
5/28東京高裁判決を受けても

厚生労働省に解決の意思無し!


厚生労働省は、被爆者・原告との約束を反故にし、今週の大臣面談を拒絶しました!

舛添厚生労働大臣は、東京判決直後、「原告のみなさんとお話をして要望をお聞きしたい」と述べていましたが、昨日になって、会うのは「上告期限の11日以降に」と言い出しました。被爆者はそんなに待てません。舛添厚生労働大臣は、まず、被爆者・原告と面談してその声を聴くことを要求します。

厚労省は、東京高裁判決に対して上告の可否を検討するだけで、全面解決について何も考えていません!

昨日(6/2)の厚生労働省との交渉で、厚生労働省の担当者は、「上告もありうる」と発言し被爆者の怒りをかいました。全面解決の中身については、何一つ発言がありませんでした。厚労省に任せていては訴訟は解決しません。


★ こうした状態を打開するため、被爆者は、6月9日からふたたび坐りこみにはいることを決断しました。平均年齢80歳近い原告の思いを受止めてください!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。