《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近畿訴訟 5/12(金) 午後2時判決言渡!

近畿訴訟 本日午後2時判決言い渡し!!


全国13の地方裁判所で進められている「原爆症認定集団訴訟」のうち、最も早く審理が進んでいた近畿訴訟(大阪地方裁判所)の判決が本日5/12(金)午後2時に言い渡されます。

5月12日(金)午後2時より
大阪地方裁判所 202号法廷

原爆が投下されてから60年+α、被爆者は、原爆による障害や心の傷とたたかってきました。
今、被爆者は、癌などさまざまな病気を発症し苦しんでいますが、国に原爆症認定を求めてもほとんど認められません。26万人の被爆者(被爆者健康手帳保持者)のうち、原爆症認定を受けているのは、わずか0.8%の約2000人にすぎません。これに対して、現在全国の13裁判所で170名の被爆者(遺族を含む)が裁判に立ち上がっています。

各地で進められている裁判のうち、最も早く公判が進んでいた近畿訴訟(近畿在住の原告が大阪地裁に提訴)の判決がこの5月12日(金)午後2時に言い渡されることになりました。

これまで松谷裁判を始めとして、国の原爆症認定のあり方について被爆者側が勝利し続けていますが、未だに国(厚生労働省)は頑なな姿勢を変えていません。
高齢化している被爆者に10年近くも裁判を闘う時間は残されていません。
今年この大阪を皮切りに、広島、東京で判決が出され、その他の裁判所でも続々と結審(審理を終わり判決を言い渡すだけの段階になること)を迎える見込みになっています。
12日の大阪地裁判決を契機として、一気に現在の原爆症認定制度を変えさせていく必要があります。

そこで判決日の12日に、大阪や東京を始めとして各地で様々な活動が取り組まれます。ぜひ皆さんのご参加をお願いします。

以下は、東京での予定です。お友達など誘い合わせてご参加ください。

有楽町マリオン前での判決報告行動
  5月12日 17:30から18:30
 判決速報と被団協・弁護士・ネットワークでの声明のチラシを配布し、広く市
民の皆さんに、判決内容と被爆者の願いをお知らせします。
  署名  厚生労働大臣宛要請署名(日本被団協)を市民に呼びかけます。
呼びかけ 原爆症認定集団訴訟を支援する全国ネットワーク
 東京おりづるネット
 原爆症認定集団訴訟全国弁護団
 首都圏被団協
 近畿弁護団

厚生労働省前キャンドル行動
  12日 19:00から19:30
  ~大阪地裁判決にしたがって原爆症認定制度の抜本的改善を求めて~
キャンドルを手に、静かに厚労省に対して、私たちの要求を伝えます。
呼びかけ:原爆症認定集団訴訟を支援する全国ネットワーク

(お問い合わせ)
 原爆症認定集団訴訟を支援する全国ネットワーク
  TEL03-3438-1897 (日本被団協気付)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://genbaku.blog46.fc2.com/tb.php/103-3b8e1d91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。