《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国が控訴  5/22

許せない暴挙!
厚生労働大臣が控訴しました。


東京おりづるネットのサイトを是非ご参照ください。
厚生労働省は、原爆症集団訴訟大阪地裁判決に対して控訴しました。担当課長補佐の話によると、全国から上京した原告、弁護団、被爆者と核兵器廃絶を願う人びとが厚労省前に座り込んで、「控訴するな」「厚生労働省は原告と面会せよ」と要請している最中の出来事でした。

この暴挙に対する原告団・弁護団などの声明と、原告のコメントをお送りします。

2006年5月22日

抗議声明

原爆症認定訴訟近畿原告団
原爆症認定訴訟近畿弁護団
原爆訴訟支援近畿連絡会
日本原水爆被害者団体協議会
原爆症認定集団訴訟全国弁護団連絡会
原爆症認定集団訴訟を支援する全国ネットワーク

 厚生労働大臣は、5月12日に大阪地裁第2民事部が言い渡した判決(原爆症認定申請却下処分取消等請求事件)に対して、本日控訴した。
 われわれは、全国26万余の被爆者とともに厚生労働省に断固抗議する。
 大阪地裁判決は、全国13の裁判所で171名の原告が提起した原爆症認定集団訴訟の先駆け判決として、原因確率の機械的適用を排し、遠距離・入市被爆を認めてこなかった原爆症認定行政を厳しく批判するものであった。
 厚生労働大臣は、これまで、長崎松谷原爆訴訟、京都小西原爆訴訟,東京東原爆訴訟の7判決で連続敗訴しており、今回の大阪地裁判決は8度目の敗訴である。判決を受けて各紙は「国は認定基準を改めよ」(朝日新聞)、「血の通った審査方針に改めよ」(毎日新聞)、「早急に基準の見直しを」(東京新聞)等の社説を掲げ、控訴の断念、被爆者の早期救済を国に訴えかけている。
 にもかかわらず、厚生労働大臣は、原告らと会おうともせず、被爆者の切実な声に耳を傾けようともせず、控訴の暴挙に至ったもので、断じて許すことができない。
控訴は、被爆者の切なる願いを踏みにじり、被爆の苦しみをさらに増大させるものであるばかりか、核兵器廃絶を願う国民を裏切る行為である。
 被爆者には時間がない。全国の原爆症認定集団訴訟原告のうち、すでに26名もの原告が死亡している。今、厚生労働大臣がなすべきことは、控訴ではなく、問題点を指摘された認定行政を根本的に改めることである。
 私たちは、国が全ての原告を直ちに原爆症と認定し、認定制度の抜本的に改めるまで、あらゆる運動を展開し、断固として闘い続ける。


近畿原告・木村民子さん(68歳)
控訴されたことは非常に残念です。私たちは、最後までがんばります。

近畿原告・小高美代子さん(82歳)
5月12日に9名全員勝訴の判決を頂き、涙で喜び合ってわずか10日もたたないなかで、控訴されたとの知らせを受けて耳を疑いました。アメリカからも日本国からも61年という長い年月冷視されて、その中で日本の貧しさのなかで私達が一生懸命に頑張って栄えてきた力になったこと・・・もう82歳という年を迎えようとしている。このまま裁判を続けて一人一人日の目を見ないで死んでいくのを待たれるのかとかんぐりたくもなります。同じ日本人同士でしょう。特別無茶を言っているとは思いません。優しい心で接していただきたい。今の心境は以上ですが、といって、又ない力を振り絞って被爆者のために戦います。よろしくお願いいたします。

東京の原告・梅園義胤さんのコメント(66歳)
筋書きができていたんじゃないんですか。ムシャクシャしています。被爆者はみんな年をとっているんですから。生きているうちに、原爆症と認められるのは無理なんでしょうか。

東京の原告・田アイ子さんのコメント(71歳)=原告・故小西アカネさんの実妹(小西さんは昨年6月に逝去)
私たちは厚生労働省の前で要請をしていたのに。その間に控訴していたんですか。言葉がありません。くやしい。国は、人間を、被爆者をどう思っているのでしょうか。私たちは負けられません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://genbaku.blog46.fc2.com/tb.php/120-f229f971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。