《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日! シンポ 「いま日本政府の戦争責任を改めて問う」

グローバルヒバクシャ研究会 シンポジウム

被爆・敗戦60年を越えて…
 「いま日本政府の戦争責任を改めて問う」
   広島・長崎原爆、東京大空襲、重慶爆撃から

日時 2006年6月9日(金)18:00~

場所 明治学院大学 白金キャンパス(東京都港区白金台1-2-37)本館91会議室

※明治学院大学の場所はhttp://www.meijigakuin.ac.jp/access/shirokane/をご参照
ください。
※部屋は「東門」から直結している本館(一番高い建物)の9階になります。本館は
南ウィングと北ウィングに分かれていますが、91会議室は南ウィングの方になり、
平和研究所の近くです。

報告者
 広島・長崎原爆―田中熙巳(「日本原水爆被害者団体協議会」事務局長)
   「被爆者は日本政府へ何を問うてきたのか―被団協創設50年によせて」
(関連URL)http://www.ne.jp/asahi/hidankyo/nihon/(公式HP)

 東京大空襲―星野ひろし(「東京空襲犠牲者遺族会」事務局長)
   「いまなぜ東京空襲戦災者はたちあがったのか―集団訴訟をはじめるにあたっ
て」
  (関連URL)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060304-00000139-kyodo-soci

 重慶爆撃―前田哲男(「重慶大爆撃の被害者と連帯する会・東京」代表)
   「重慶爆撃被害者の対日提訴をどううけとめるのか」
  (関連URL)http://blog.goo.ne.jp/dublin-ki(公式HP)

討論/特別発言 内藤雅義(弁護士) 柳原伸洋(東京大学大学院生)

司会 竹峰誠一郎(早稲田大学大学院生)

連絡先―グローバルヒバクシャ研究会
  takeminese@hotmail.com(竹峰誠一郎)
hiroko-t@peace.hiroshima-cu.ac.jp(高橋博子)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://genbaku.blog46.fc2.com/tb.php/128-478e7269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。