《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【原爆投下を裁く国際民衆法廷・広島のご案内】

【原爆投下を裁く国際民衆法廷・広島のご案内】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
来たる7月15~16日、『原爆投下を裁く国際民衆法廷・ 広島』を開廷いたします。原爆という大量破壊兵器による広 島・長崎での無差別大量虐殺がいかに重大な「人道に対する 罪」であったかをこの法廷で明らかにすることによって、私たちは核兵器と戦争の廃絶を目指します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■開廷日:2006年7月15日(土)、16日(日)
■会 場:「メモリアルホール」
       (平和公園内、広島平和記念資料館地下)
       広島市中区中島町1-2 電話:082-242-7798
http://www.pcf.city.hiroshima.jp/frame/Virtual_j/tour_j/guide2.html
■傍聴参加費:2日通し券1,998円、1日券999円(学生等500円)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■判事団:
●レノックス・ハインズ教授(国際法,刑法)
米国・ラトガーズ大学 
国際民主法律家協会(IADL)終身国連代表
フィリピン国際民衆法廷判事(2005,8)
●カルロス・ヴァルガス教授(国際法)
コスタリカ大学
国際反核法律家協会副会長
●家 正治教授(国際法)
姫路獨協大学法学部

■検事団:
●足立修一(広島弁護士会)
●井上正信(広島弁護士会)
●下中奈美(広島弁護士会)
●秋元理匡(千葉弁護士会)
●崔凰泰(韓国/大邱地方弁護士会)

■アミカス・キュリエ(法廷助言者):
●大久保賢一(埼玉弁護士会)

■告発者
被爆者 広島市民 長崎市民
■被告人
フランクリン・D・ローズヴェルト大統領
ハリー・S・トルーマン大統領
ジェームズ・F・バーンズ国務長官
ヘンリー・スティムソン陸軍長官
ジョージ・マーシャル陸軍参謀総長
トーマス・T・ハンディ陸軍参謀総長代行
ヘンリー・アーノルド陸軍航空隊総司令官
カール・スパーツ陸軍戦略航空隊総指揮官
カーティス・ルメイ第20爆撃軍司令官
ポール・ティベッツ中佐(エノラゲイ機長)
ウィリアム・パーソンズ大佐(エノラゲイ爆撃指揮官)
チャールズ・スィーニー大尉(ボックスカー機長)
フレデリック・アシュワーズ中佐(ボックスカー爆撃指揮官)
レスリー・グローヴズ少将(マンハッタン計画・総司令官)
ロバート・オッペンハイマー(ロスアラモス研究所所長)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■プログラム(全て同時通訳付き)

7月15日(土):13:00~17:00
開会の辞
法廷の紹介
開廷に至るまでの経過説明
法廷憲章の説明
開廷・これ以降は判事団が主宰
起訴状朗読
アミカス・キュリエの意見
争点整理
立証:
被爆の影響 
●鎌田七男(広島大学名誉教授)
被爆者証言:
●高橋昭博(広島)
●下平作江(長崎)
●郭貴勲 (韓国)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7月16日(日):10:00~17:00 
(休憩:12:00~13:00、15:00~15:30)
立証:
投下に至る事実関係 
●荒井信一(茨城大学名誉教授)
国際法から見た違法性 
●前田朗(東京造形大学教授)
最終弁論
アミカス・キュリエの意見
判事団合議
この間、傍聴者のための特別企画
1)『Original Child Bomb』上映
  (広島平和映画祭実行委員会の協賛)
2)特別証言「日本の戦争責任」
●李実根(広島県朝鮮人被爆者協議会会長)
判決要旨発表
[最終的な判決文は年末までに作成予定]
閉会の辞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ご賛同とご協力のお願い
賛同金:個人一口500円、団体一口5,000円
郵便振替口座番号:01310-6-93301
口座名義:原爆投下を裁く国際民衆法廷・広島
当日のボランティア・スタッフを求めています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■主催:
「原爆投下を裁く国際民衆法廷・広島」実行委員会
■共同代表:
坪井直(被爆者)
佐々木猛也(弁護士)
田中利幸(広島平和研究所教授)
■連絡先:
〒730-0004
広島市中区東白島町18-13-201足立修一法律事務所内
Tel:082-211-2441
Fax:082-211-3331
E-mail:info@abomb-hiroshima-tribunal.com
http://www.abomb-hiroshima-tribunal.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://genbaku.blog46.fc2.com/tb.php/130-3a9c92ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。