《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/30「原爆症認定訴訟全面勝訴の意味」伊藤塾明日の法律家講座

伊藤塾・東京校 第128回「明日の法律家講座」のご案内


「核兵器は人間の尊厳に反する~原爆症認定訴訟全面勝訴の意味」


 日時‥‥7月30日(日)15:00~17:00


 講師‥‥藤原精吾氏(弁護士)


      宮武嶺氏(本名徳岡宏一朗氏、弁護士)


      肥田舜太郎氏(被爆医師 証人)


伊藤塾から
 広島と長崎に原爆が落とされ60年以上が経ち、「原爆問題の風化」がマスコミ等で指摘されるときがあります。しかし、先生方のメッセージからもおわかりのように、この問題は現在も進行中です。原爆記念日を前に、「原爆問題の原点」に立ち返り、あるべき法曹像、人間像を考えていただけたら幸いです。多くの皆さま方のご参加をお待ちしています。 (参加無料・予約不要)


伊藤塾から
 広島と長崎に原爆が落とされ60年以上が経ち、「原爆問題の風化」がマスコミ等で指摘されるときがあります。しかし、先生方のメッセージからもおわかりのように、この問題は現在も進行中です。原爆記念日を前に、「原爆問題の原点」に立ち返り、あるべき法曹像、人間像を考えていただけたら幸いです。多くの皆さま方のご参加をお待ちしています。


<明日の法律家講座とは?>
伊藤塾では、塾生が事実の見方や価値判断能力を磨き、どのような法律家になるのかを考える場として、毎月「明日の法律家講座」という講演会を開催しています。「明日の法律家講座」では、塾生の皆さんの関心などもふまえながら、できるだけ幅広く、またタイムリーなテーマを取り上げています。


法科大学院進学を考え勉強されている方々にとっても、司法改革の内容と趣旨を理解し自分なりの問題意識を持つことは、入学試験で課される小論文や面接試験においても大変役立つことになります。
現行司法試験の受験生の方はもちろん、法科大学院を目指される方も、ぜひ積極的にご参加ください。


(参加無料・予約不要)


詳細は,伊藤塾のウェブサイトをご欄下さい。


http://www.itojuku.co.jp/16afterpass/afterpass_tomorrowlaw/191.html
 


 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://genbaku.blog46.fc2.com/tb.php/139-fd360bc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。