《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/8 今日も厚労省は面談を拒絶

もはや異常事態・・厚労省,面談拒絶の態度変えず
広島から上京した原告・岩井さん,弁護団の二國弁護士らが必死に訴え

原告・弁護団の追及にようやく「現在まだ関係省庁と協議中」と担当者(大重課長補佐)がコメント

8/9(水)の行動は午前10時45分~12時30分まで
(場所は厚労省のお向かいの日比谷公園側)

※長崎に原爆が投下された11時2分にあわせてパファーマンスの予定あり。
スポンサーサイト

コメント

「時間をかけて」と言って間もなく控訴!

8/11午前11:50、被告厚生労働大臣が広島地裁判決を不服として控訴したとのこと。
おいおい、記者会見で言ってることと、やってることが、全然違うぞ!
まさか大臣の判子を勝手に役人どもが使って控訴したとは言わないよね?

  • 2006/08/11(金) 15:08:15 |
  • URL |
  • おおがっちゃん #ORjyofoE
  • [ 編集]

8/8 川崎厚労相記者会見

厚労省ウェブサイトから転載
http://www.mhlw.go.jp/kaiken/daijin/2006/08/k0808.html

(記者)
 改めてですけれども、先日、4日に原爆症の訴訟で広島地裁の判決で、原告41人を原爆症と認めるべきだと、国側敗訴の判決が出ましたけれども、今の時点でお考えを。

(大臣)
 今の時点って、もう6日に広島で、正式な記者会見で申し上げたとおり、国の主張と裁判の結果というのが、かなり離れて結果が出たことは事実であろうと。そのことを細かく分析しながら、その場も「慎重に検討させてもらいます。」と、こう申し上げたので。まさに、裁判をこれからどうするかという問題も含めて、今慎重に検討していると、こういうふうに思っております。

(記者)
 その質問に関連してなんですけれども、結論を出す時期というのはいつぐらい。

(大臣)
 いつぐらいって、だから、かなり時間をかけるよと言っている。

(記者)
 類似訴訟の先の判決では、既に控訴されていますよね。そうであれば、時間をかけて判断をされるというその理由というのは。

(大臣)
 今度の判決を受けて、その分析をもう一度させてもらっているということに尽きますね。しかし、拙速ではいけないでしょうから、よく裁判官の真意がどういうところにあるのか研究させてもらって、一方で我々の主張というものが、どうして全く裁判の中で受け入れられなかったということも十分検討しながら、やらなければならないと思いますので、もちろん、今お話がありました既に高裁で行われていること、それから残りの13の裁判が現実に進んでいること、それもやはり照らし合わせながらやっていきます。

  • 2006/08/11(金) 15:04:30 |
  • URL |
  • おおがっちゃん #ORjyofoE
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://genbaku.blog46.fc2.com/tb.php/155-2856deaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。