《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワークショップ 『被爆者運動と原爆症認定訴訟』

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  ワークショップ「原爆被害と国家補償」第42回研究会 ┃
┃                            ┃
┃     『被爆者運動と原爆症認定訴訟』        ┃
┃                            ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

1.日 時:2006年9月9日(土)午後1:30~5:00
2.会 場:東京・浜松町海員会館
      港区海岸1-4-9 電話 03-3433-5688
      JR山手線「浜松町」北口下車、竹芝ふ頭方面へ徒歩3分
      ▼地図等の会館情報は下記参照
      http://www.minatonoyado.com/hamamatsucho/
3.テーマ:「被爆者運動と原爆症認定訴訟」
4.参加費:1,000円(会場費、資料代)
5.申込法:下の申込書で(FAXまたは郵送) 
      ⇒FAX 03‐5283‐7791
      ⇒郵送先住所=末尾署名参照
==== 申し込み書式 ===============================================
ワークショップ第42回研究会(2006.9.9) 参加申込書
●ご氏名
●被爆者・市民・専門家・(        )
●連絡先 〒(住所、電話、メールアドレスなど、連絡のとれるもの)
=================================================================
※会場の収容人数に限りがありますので、事前にお申し込みいただけるとさいわいです。

(案内文)
厳しい残暑の毎日、いかがお過ごしでしょうか。
大阪、広島の全員勝訴判決をふまえて、原爆症認定訴訟の運動はいま、重要な時期にさしかかっています。原爆放射線のもたらす影響についての研究が大きく進展するなど、この訴訟をつうじて多くのことが明らかになってきました。
しかし同時に、被団協50年の運動の歴史や被爆者たちの願い、要求の全体からみれば、この訴訟がそのすべてをカバーできるわけもなく、認定訴訟の意味をどう位置づけたらよいか、被爆者や支援者の間には疑問や不安の声も少なくありません。
弁護団ではいろいろと議論を重ね、高度な戦術的議論もつみ重ねられてきましたが、被爆者の多くにはそれは必ずしもよく知られていないのが実情でしょう。
また、集団訴訟で新たに被爆者とかかわりをもつようになられた弁護士や支援者の多くは、被爆者たちが何を求めて半世紀にもわたる運動をつづけてきたか、その全体を知る機会はほとんどなかったのではないかと思われます。
被団協結成50周年の秋を迎えるにあたり、今回の研究会は「被爆者運動と原爆症認定訴訟」をめぐって、まずは、被爆者と弁護士がそれぞれの考え方や意見を述べ合い率直に議論することのできる場を設けることにいたしました。これが被爆者たちの願いを、判決と訴訟の到達点をふまえた制度改善要求に生かしつつ、さらに大きな運動を発展させていくための第一歩になればと願っています。
急なお知らせになりましたが、多数お誘いあわせてご参加くださいますようお願い申し上げます。

------------------------------------------------------
■ワークショップ「原爆被害と国家補償」■
  〒101-0053 千代田区神田美土代町11-8 SKビル2F
  東神田法律事務所 内藤雅義 気付
  TEL 03-5283-7799 FAX 03-5283-7791
------------------------------------------------------
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://genbaku.blog46.fc2.com/tb.php/164-40b8aec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。