《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/3(土) 公開シンポジウム「知らされなかった核兵器の脅威」

共催 明治学院大学国際学部付属研究所+グローバルヒバクシャ研究会

公開シンポジウム
「知らされなかった核兵器の脅威」

      テーマⅠ なぜいま原爆症認定集団訴訟なのか
      テーマⅡ 残留放射線と内部被曝
      テーマⅢ 封印されたヒロシマ・ナガサキ

「原爆症認定集団訴訟」が提起している深刻な放射能被害の実態と、それが戦後、米軍によって隠蔽され、正面からの取り組みが立ち遅れてしまったという問題に、焦点をあてました。核兵器の廃絶がなぜ目ざされなくてはならないのか、その原点をあらためて確認できればと思います。

日時 2007年3月3日(土) 午前10時~午後5時15分
場所 明治学院大学白金キャンパス (本館10階 会議場)
〒108-8636 東京都港区白金台1-2-37
※入場無料(満席の場合、入場をお断りすることがありますので、予めご了解下さい)

◆お問い合わせ◆

● 明治学院大学国際学部付属研究所  iism@k.meijigakuin.ac.jp  (※必ず件名に『33シンポジウム』と入れてお問合せください)
● グローバルヒバクシャ研究会 globalhibaku@yahoo.co.jp
 TEL.03-5287-3750(諏訪の森法律事務所気付)


33symposiumのチラシ

※チラシのダウンロード(pdf 460Kb)右クリックして保存してください

朝鮮半島の非核化だけでなく、西アジアではイランの核開発疑惑、南アジアでは米印原子力協力協定等々、近年、核問題に新たに焦点があてられ、「第二の核時代」という言い方もされるようになっています。今回のシンポジウムでは、昨年8月に広島地裁で、そして今年1月には名古屋地裁で判決が出たことが記憶に新しい「原爆症認定集団訴訟」が提起している深刻な放射能被害の実態と、それが戦後、米軍によって隠蔽され、正面からの取り組みが立ち遅れてしまったという問題に、焦点をあてました。核兵器の廃絶がなぜ目ざされなくてはならないのか、その原点をあらためて確認できればと思います。


◆内容詳細◆

10;00 主催者問題提起 高原 孝生(明治学院大学国際学部付属研究所)

10:15-12:00 
テーマⅠ なぜいま原爆症認定集団訴訟なのか 

甲斐 昭 (愛知訴訟原告・被爆当時18歳。原爆投下数時間後に広島市中心部に入り救援活動に従事)
友谷 幾 (東京訴訟原告の故・齊藤泰子さんの母。当時4歳の泰子さんとともに入市して被爆)
樽井 直樹 (弁護士・愛知弁護団)
司会及びコメンテーター・田部 知江子(弁護士・東京弁護団)

【12:00-13:30  ランチタイム】 ※資料映像上映予定

13:30-15:00 
テーマⅡ 残留放射線と内部被曝

沢田 昭二(名古屋大学名誉教授・素粒子物理学)
齋藤  紀(医師・福島生協病院(広島市)院長)
コメンテーター・内藤 雅義(弁護士・核兵器廃絶市民連絡会)
司会・大木 昌(明治学院大学国際学部付属研究所)

【15:00-15:30 コーヒー・ブレイク】

15:30-17:00 
テーマⅢ 封印されたヒロシマ・ナガサキ

高橋 博子(広島市立大学広島平和研究所)
永井  豪(岐阜新聞 編集委員・論説委員)
コメンテーター・竹峰 誠一郎(早稲田大学・院生)
司会・孫 占坤(明治学院大学国際学部付属研究所)

17:00-17:15  まとめ&お知らせ  司会・中川 重徳(弁護士)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://genbaku.blog46.fc2.com/tb.php/184-59397632
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。