《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日,東京地裁判決の勝利をめざすつどい

東京地裁判決の勝利をめざすつどい
~被爆の実態にそって原告30人全員の勝訴と原爆症認定制度の抜本改正を求めて~
2月21日(水)14:00~16:00 入場無料
平和と労働センター(東友会)2階ホール
 原爆症認定集団訴訟・東京地裁判決が3月22日に決まりました。2003年5月27日の第1次提訴から、3年10カ月の年月がかかりました。
 この間、第1次原告30人中3分の1をこえる11人が、無念の思いで死去されました。認知症のため、一度も法廷に立てなかった原告もいます。隠し続けてきた原爆の「傷」を堂々と証言した原告、原爆で受けた心の傷とたたかいながら「被爆者みんなのために」「核兵器廃絶のために」と、裁判を契機に立ち上がった被爆者もいました。
 今回、判決を迎えるにあたり、原告団、弁護団、東友会と「おりづるネット」は、昨年の大阪地裁と広島地裁での原告全員勝訴判決を受けた裁判の動きと、厚生労働省の態度、判決を迎えるにあたっての原告の姿をお知らせしようと、「勝利をめざすつどい」を開きます。ぜひ、ご支援、ご協力いただけますようお願いいたします。

お問い合わせは東友会へ。
TEL 03-5842-5655
FAX 03-5842-5653

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://genbaku.blog46.fc2.com/tb.php/185-f9c4ef87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。