《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚労省、自らの却下処分を取り消し47名の原告を原爆症認定

厚労省は、4月7日と同21日に被爆者医療分科会に新設された積極認定のための各部会を開催し、合計47名の集団訴訟原告について、認定申請を却下した以前の処分を取り消し、あらためて原爆症と認定する決定をしました。

他方、裁判では、未だに「原告らはほとんど被爆していない」という不当な主張を維持しています。

今こそ、被爆者と国民の大運動によって原爆被害を隠蔽し被爆者を切り捨ててきた従来の認定行政について謝罪させ、4月から実施された「新基準」の問題点を改善し、原告全員の救済を勝ち取る時です。

5月28日には仙台高裁、5月30日には大阪高裁の判決が言い渡されます。集団訴訟ではじめての高裁判決です。
みなさんのご支援をお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://genbaku.blog46.fc2.com/tb.php/226-dacc75e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。