《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK時論公論で原爆症認定集団訴訟がとりあげられました

6/2放映されたNHKの時論公論で、早川信夫解説委員が 「原爆症認定 急がれる救済」と題してとりあげました。

早川解説委員は、集団訴訟の経過、新しい認定基準と仙台・大阪判決の内容を詳しく紹介しました。

「一つは、原爆症の認定にあたって国が基準に機械的にあてはめて判断していては被害者救済にならないという裁判所の基本的な判断が繰り返されたこと。もう一つは、批判を受けて新しい基準を設けたのに、それでもなお厳しすぎると指摘されたこと。この2点です。司法の立場として抑制的な表現がとられてはいますが、国の被爆者救済策が十分ではないとその姿勢が厳しく問われたことになります。

「裁判所が指摘した「被害者の救済の基本精神」が国によってどこまで生かされるのか。被爆者の高齢化を考えますと、もはや裁判で争うという段階から、国が政治決断、行政判断によって救済を急ぐべきです。」

早川解説委員は、「一刻の猶予も許されません。」と締めくくりました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://genbaku.blog46.fc2.com/tb.php/240-e8eb62f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。