《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すわりこみのテントから (原告のリレートーク)

ごく一部しか紹介できなくて申し訳ありませんが、広島訴訟原告の河上さんの昨日のお話です。


河上さん(東京在住・広島原告) 

今朝も当時の写真を見てここにきました。

厚生労働省の政策は、切り捨て、切り捨ての連続。
非常に、腹が立つけれども、ここで私たちががんばるしかないのです。被爆した者でないと、被爆の実情・苦しみはわからないのでしょうか。私はそうではないと思います。話をすることでわかってもらえることがあると思います。厚生労働省には何故それが伝わらないのでしょうか。
いつまで続くのか非常に不安で仕方がありませんけれども、ここは、私たちが命をかけてがんばらなければいけないのです。原爆被害がどんなにひどいかということを認めさせるために。
私たちは、原告団の総会で、命をかけてがんばる、ということをみんなで誓い合ったのです。

ほんとうに、みなさまの支援ありがとうございます。私たちもがんばりますのでよろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://genbaku.blog46.fc2.com/tb.php/258-93f23b86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。