《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「総合認定」では被爆者の救済は進まない!~初の被爆者医療分科会開かれる

6/16(月)、積極認定の対象とならないために個別判断にまわされた案件を審査する被爆者医療分科会の全体会が新制度のもとで初めて開催されました。

厚生労働省側は、「総合認定によって幅広い被爆者の救済が可能」と主張してきましたが、16日の医療分科会では、諮問20名、時間内に審査ができたのは16名、うち認定されたのは、12名という結果に終わりました。

これまで厚生労働省が認定制度の枠を不当に狭く運用してきたために、現在数千人の申請が滞留していると考えられます。
被爆者医療分科会の全体会は、一ヶ月に一回しか開催されません。
厚労省が言ってきた「救済範囲の拡大」は、物理的にも絵に描いた餅であることが明白になりました。
裁判所が放射線起因性を認めている甲状腺機能低下症や肝機能障害を積極認定の対象とすることや、個別判断についても被爆者救済の理念で運用することを明確にすること等、原告・被爆者側の主張どおり認定基準の再改訂を行い、司法との乖離を解消することがどうしても必要です。
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。

先日長崎地裁での判決に行って来ました。
原告27名中、7名が棄却
胎内被爆者は棄却されました。
疑問に思ったのは、胎児は人間じゃないと言うこの判決に
納得が行きませんでした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://genbaku.blog46.fc2.com/tb.php/260-baf19c14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。