《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FAXニュース 第一号発行

「原爆症認定集団訴訟」全面解決に向け、FAXニュース「にんげんをかえせ」今季№1が発信されました。

----------------------------------------------------------------------------
大阪高裁(第2次)で勝訴!17連勝!!

原爆症認定集団訴訟近畿2次訴訟に関して、5月15日、大阪高裁第7民事部(永井ユタカ裁判長)は、国・厚労大臣の控訴を棄却する判決を言い渡しました。
この判決は、厚生労働省が頑なに認定を拒み続けた「体内異物(ガラス片残留)」、「入市被爆者の心筋梗塞」、「C型肝硬変」について放射線起因性を認めました。また、救護被爆者について人体に影響を及ぼす程度の原爆放射線を浴びた可能性も認めました。

☆ 大阪高裁における原告勝訴判決を受けて厚労省への申し入れを行い、以下の2点の申し入れを行いました。 
1 原告全員救済による訴訟の全面解決
①裁判所で勝訴している原告を直ちに認定すること。
②未判決あるいは敗訴の原告についても被爆者救済の立場で対応すること。
2 司法判断に沿った認定基準の改定
①肝機能障害と甲状腺機能低下症を積極認定に入れること。
②被爆者のがんは幅広く原爆症と認定すること。
③総合判断の疾病の認定についても、これまでの判決に従い「疑わしきは被爆者の利益に」の立場で認定にのぞむこと。

政府・厚労省が司法の判断を尊重して上告を断念し、原告全員の救済を決断するよう、是非とも議員の先生方のお力をお貸しください。

 大阪高裁判決当日に開催された院内集会に、松本大輔先生(民主党)、末松義規先生(民主党)、谷博之先生(民主党)、松野信夫先生(民主党)、谷合正明先生(公明党)、井上哲士先生(共産党)、二比聡平先生(共産党)、山下芳生先生(共産党)、川田龍平先生(無所属)、秘書の方8人がご参加くださいました。 
~全面解決へ向けて引き続きご協力をお願いします!~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://genbaku.blog46.fc2.com/tb.php/279-19a4b1c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。