《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京>05年5月16日 集団訴訟・東京 原告本人尋問

 50人の傍聴者の前で、2人の原告が尋問を受けた。
 通信兵のとき広島市仁保国民学校で被爆した赤井啓三さん(85歳)は、しっかりした口調で、「結腸、食道、咽頭の3カ所にできた『異時多重ガン』のそれぞれで認定申請したが3回とも却下された。原因は原爆以外に考えられない。ぜひ認定してほしい」と証言。
 肺ガンで苦しんでいる久保玉子さん(78歳)は、広島市千田町で瓦礫の下から這い出したときのショックや急性症状について証言。「後遺症が怖くて、被爆ののことは、忘れよう忘れようと努めてきた。国は被爆者の苦しみをもっと理解すべきだ」と訴えた。

東京おりづるネットのHPより引用させていただきました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://genbaku.blog46.fc2.com/tb.php/55-364e7b55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。