FC2ブログ

《原爆症認定集団訴訟@被爆64年》 の最新情報

広島・長崎に原爆が投下されて60年+α。今、被爆者に癌などさまざまな病気が発症しています。被爆者が「原爆症認定」を求めておこした原爆症認定集団訴訟について、弁護団から最新情報を提供します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日! シンポ 「いま日本政府の戦争責任を改めて問う」

グローバルヒバクシャ研究会 シンポジウム

被爆・敗戦60年を越えて…
 「いま日本政府の戦争責任を改めて問う」
   広島・長崎原爆、東京大空襲、重慶爆撃から

日時 2006年6月9日(金)18:00~

場所 明治学院大学 白金キャンパス(東京都港区白金台1-2-37)本館91会議室
【“本日! シンポ 「いま日本政府の戦争責任を改めて問う」”の続きを読む】

【原爆投下を裁く国際民衆法廷・広島のご案内】

【原爆投下を裁く国際民衆法廷・広島のご案内】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
来たる7月15~16日、『原爆投下を裁く国際民衆法廷・ 広島』を開廷いたします。原爆という大量破壊兵器による広 島・長崎での無差別大量虐殺がいかに重大な「人道に対する 罪」であったかをこの法廷で明らかにすることによって、私たちは核兵器と戦争の廃絶を目指します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■開廷日:2006年7月15日(土)、16日(日)
■会 場:「メモリアルホール」
       (平和公園内、広島平和記念資料館地下)
       広島市中区中島町1-2 電話:082-242-7798
http://www.pcf.city.hiroshima.jp/frame/Virtual_j/tour_j/guide2.html
■傍聴参加費:2日通し券1,998円、1日券999円(学生等500円)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【“【原爆投下を裁く国際民衆法廷・広島のご案内】”の続きを読む】

【Photos】5/22 厚労省前「控訴を許さない」行動

5/22、全国から原告・被爆者が病気をおして上京し、「控訴を許さない緊急行動」を行いました。
この行動には、たくさんの市民・支援者のみなさんが応援にかけつけてくださいました。

横井久美子さんや岡史明さんら音楽家もかけつけて被爆者・原告を激励しました。

5/22緊急行動の写真をごらんください。

【Photos】5/12 大阪地裁判決の日

画期的な大阪地方裁判所の判決が言い渡された5月12日。各地の状況を写真でレポートします。

感動の大阪地裁(玉本英子さん撮影)
東京でのアクション(本サイト管理人撮影)

※掲載された写真の著作権は、撮影者に帰属します。無断転載は固くお断りします。

被爆者と弁護団が厚労大臣の控訴に抗議


「行政の説明責任をまったく果たしていない」
「全国被爆者の裁判と原爆症認定集団申請は、被爆者だけのものではありません。」

原告・被爆者・弁護団らが厚労省に抗議文を提出
石井信芳 総務課長はまたも面談を拒絶 【“被爆者と弁護団が厚労大臣の控訴に抗議”の続きを読む】

5/22 被爆者医療分科会が開催

被爆者医療分科会は漫然と従来の「審査の方針」を使うことなく
大阪地裁判決を真摯に検討し、被爆者の声を聞いて
原因確率・しきい値を廃止してください。

被爆の実相と被爆者の実情に即した基準に変更してください!

被爆者が原爆症認定を申請したのに対して、原爆症として認めるか否かの実質的審査をするのが「原子爆弾被爆者医療分科会」です。
5/22には、大阪地裁判決後はじめての分科会が開かれますが、大阪地裁判決は黙殺して、従来どおりの「審査の方針」による審査を続けようとしています。

原告団・弁護団・被団協・支援ネットらが医療分科会に対して申し入れを行いました。
【“5/22 被爆者医療分科会が開催”の続きを読む】

5/22&5/23 被爆者が命をかけて座り込みます

全国から原告・被爆者が病気をおして上京!
~「控訴を許さない緊急行動」に参加してください
明日5/22(月)&5/23(火) 午前11時~午後3時
霞ヶ関厚労省前においでください


一部では厚労省が原告との面会を拒否しておきながらこっそり控訴の方針を決めたとの報道もあります(未確認)。

原告に残された時間はわずかです!
◇みんなで厚労省を包囲し、原告・被爆者を激励してください!
◇音楽家、太鼓、トランペットの演奏もあります。とにかくヒトコト言いたい、励ましたい人大歓迎。いっしょにいるだけでもオッケーです。 【“5/22&5/23 被爆者が命をかけて座り込みます”の続きを読む】

控訴するな!認定制度を改めよ!

「控訴するな!認定制度を改めよ」「被爆者に会って声を聞け」 の声を国・厚生労働大臣に集中しよう!
国が不服申立(控訴)をするための期限は5/26(金)です。

《重大局面》厚労大臣、厚労省は原告との面会も拒絶して、控訴する可能性を示唆しています。22日には、原爆症認定を審査する被爆者医療問題審査会が開かれます。ここで厚労省の役人が委員に対し、判決について勝手な説明をして、「裁判所は専門的なことがわかっていない。審査基準は変える必要が無い」と決めてしまう危険性があります!

◎国・厚生労働省に対し、「控訴するな」、「原爆症認定制度を抜本的に改めよ」、「被爆者と面談して声をきけ」の声を集中しましょう。
〔要請先〕 厚生労働大臣 川崎 二郎
  〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 厚生労働省
  TEL 03-5253-1111(代表)
  FAX 03-3502-3090(被爆者担当の健康局総務課)
  mail KKSOUMU@mhlw.go.jp
要請文の例は記事の下の《つづきを読む》参照
   
◎国会議員への要請
・あなたが投票した議員、あなたの地元の議員などへ、控訴しないよう厚生労働省へ働きかけることを要請しましょう。


◎5/22(月)&5/23(火)厚労省前に集まろう
(時間11時~午後3時)
全国から原告が上京して厚労大臣との面談、控訴断念を求めます。
ミュージシャンも来ます。芸能人、著名人も来るかも・・

【“控訴するな!認定制度を改めよ!”の続きを読む】

5/18(木) 昼休み厚生労働省前へ集まろう!!

5/18(木)のアクション
「控訴するな!」「原告と面談せよ!」「認定制度の抜本改正を!」の声を響かせよう!

11:45~13:00 厚生労働省前リレートーク

※昼休みアクションは、19(金)、22(月)、23(火)、24(水)も行います。
5/25(木)は、午後3時から厚労省前アクションの後、午後4時より、弁護士会館で集会を持つ予定です。

5/17(水) 東京地裁・厚生労働省前へ集まろう!!

5/17(水)のアクション
「控訴するな!」「原告と面談せよ!」「認定制度の抜本改正を!」の声を響かせよう!
11:00 原爆症認定東京訴訟口頭弁論(地裁103号法廷)
11:45 厚生労働省前リレートーク
(昼食休憩)
13:30~15:00 大阪地裁判決&東京地裁弁論 報告集会
(弁護士会館502)


【“5/17(水) 東京地裁・厚生労働省前へ集まろう!!”の続きを読む】
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。